留学・現地リポート

内藤 柚水さん(文学部文学科ドイツ文学専修 4年次)

2019/06/27

RIKKYO GLOBAL

OVERVIEW

今回は、ドイツのテュービンゲン大学に留学中の内藤 柚水さんにお話を伺いました。

テュービンゲン大学(ドイツ)(2018年10月~ 2019年7月予定)
文学部文学科ドイツ文学専修 4年次
内藤 柚水さん


ドイツでは、授業中も日常会話でも、政治や環境といった社会問題がよく話題に上がります。日本語を学ぶドイツ人女性の“タンデムパートナー”とは、会話レッスン中も互いの国の社会問題についてよく議論しますし、彼女の実家に伺った際は、スイスに住むご家族らが社会情勢について語り合う様子をそばで聞いていました。

留学当初のことです。授業後に先生から東日本大震災後の福島県の状況について聞かれたのですが、そのときは抽象的な回答しかできませんでした。以来、TwitterなどSNSを活用し、NHKやドイツの放送局が発信するニュースを読むようにして、現在、社会で起きていることを把握するようにしています。また、十分な回答ができない質問があったときはそのままにせず、寮に
戻ってからきちんと調べるよう心掛けています。

自分の意見を求められる機会が多いので、ニュースを入口として出来事そのものについて、深く考察することの重要性も感じています。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

RIKKYO GLOBAL

2020/07/31

英語学習を通じて、英語力+αを獲得しよう。

英語学習で大切なこと、英語を学ぶもう一つの価値