長期インターンシップでの経験や大学で学んだこと、
卒業生訪問、自己分析などを通して決めました。

外資系金融機関 内定 矢部 一翔さん

2024/02/15

キャリアの立教

OVERVIEW

外資系金融機関内定の経済学部経済政策学科 矢部 一翔さんによる就職活動体験談です。

矢部 一翔さん

志望業界
コンサル、IT、金融、製薬を中心に幅広く

インターンシップエントリー社数・・・70社
インターンシップ参加社数・・・・・・30社
説明会参加社数・・・・・・・・・・・5社
本選考エントリー社数・・・・・・・・12社
本選考面接社数・・・・・・・・・・・9社
卒業生訪問数・・・・・・・・・・・・6人

幅広く見ていたのでかなり迷い、苦労しました

就活を本格的に始めたころ、就活テスト対策を全くしていなかった結果、さまざまな企業に落ちてしまったことは大きな痛手でした。特に選考が早い企業のテストはほぼ通過できず、焦りました。その後は、ひたすら参考書を解き、さまざまな企業のテストを受けることで改善できました。また、夏や冬のインターンシップでのワークショップは役に立ちました。参加することで、知らない業界の理解が一気に深まるとともに会社の雰囲気も掴むことができたと思います。特に、長期インターンシップの経験は、就活のみならず人生にとって大きな財産になったと思います。ときには、周囲の学生が優秀すぎて自信をなくしたこともありました。議論の速さなどについていけず落ち込みましたが、周りの学生と比較して自分に足りないものを分析することで徐々に改善できました。

面接では、自分の「見せ方」を意識することが重要

面接では、「見せ方」を意識することが重要だと思います。相手の企業がどういった人材を求めているのか、そして自分のアピールポイントは何なのかを整理した上で臨みました。そして、必ず誰かにチェックしてもらうことです。私は、茶道部の先輩に模擬面接をしてもらい、アドバイスをもらって修正したことが良かったです。内定先を決めるのは、かなり悩みましたが、自分自身の興味やなりたい像から想像して決めました。自分は表に出るよりもバックヤードで力を出したいなど、かなり綿密に自己分析をしたと思います。また、オンラインイベントや、卒業生訪問をして話を聞いたことで、モチベーションも上がりました。まだ社会人になったイメージが湧いていませんが、少しでも社会に貢献できたら嬉しいです。

私の就活ヒストリー

私のお役立ち就活アイテム

ネクタイピンです。セールで購入したものですが、面接の際には必ずつけていきました。願掛けではありますが、面接の必須アイテムになっていました。

ここが効いた!私のエントリーシート

1点目は構成です。読みやすくなるように「結論」から書き始めたことは良かったと思います。2点目は知らない人が読んでも内容が理解できる文章かを第三者に確認してもらうことです。
POINT 必ず確認してもらうこと
相手の企業がどういった人材を求めているのか、そして自分のアピールポイントは何なのかを整理した上で記入するのが良いと思います。そして、必ず誰かに確認してもらうことです。先輩や第三者に必ず読んでもらい、伝わりやすい文章になるよう心がけました。

これで成功!私の必勝自己PR 長期インターンシップで学んだことを具体的にアピール

面接では、長期インターンシップで行った業務のことを話しました。業務改善に取り組んだ経験を具体的に話し、あきらめずに業務を最後まで実行できることを強調しました。また、志望企業が求める人物像から逆算してアピールすることを心がけていました。その上で自分がなぜその企業に相応しいと思うのか伝わるように話していました。

~後輩達へのメッセージ~ ネットの情報に流されすぎないように

就活が始まるまでは本当に嫌で仕方がなかったのですが、いざやってみると様々な自分の知らない世界を見ることができて案外面白かったなと思うこともあります。「志望動機」や「ガクチカ」など考えることはたくさんあるかもしれませんが、あまり苦手意識を持ち過ぎずゆるく始めてみるのもありかなと思います。時にはしんどいことや落ち込むこともあるかと思いますが、ネットの情報にあるようなひどいことはありませんので、諦めずに頑張ってください!
※記事の内容は取材時点のものであり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キャリアの立教

2024/04/15

納得のできるキャリア選択のために

キャリアセンター

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。