古舘客員教授の熱気あふれる授業をTAとしてサポート

経済学研究科経済学専攻博士課程後期課程1年次 関根 未来さん

2019/10/28

立教生のキャンパスライフ

OVERVIEW

2019年4月、古舘伊知郎氏が経済学部客員教授に就任。「ティーチングアシスタント(TA)」を務める関根未来さんに、授業の様子とTAとしての思いを聞いた。

出欠確認のため、学生証のバーコードを手早く読み取っていく

立教大学には、学部学生・大学院学生が授業運営の補助を行う「ティーチングアシスタント(TA)」「スチューデントアシスタント(SA)」制度がある。関根未来さんは、これまでにさまざまな科目のTA・SAを経験。

2019年4月からは、古舘伊知郎客員教授(1977年経済学部卒業)の全学共通科目「現代社会における言葉の持つ意味」を担当している。「教壇に立つ古舘さんは、テレビで見ていた姿といい意味で変わらず、本当に『喋る』ことが生きがいなのだと感じます。『1分1秒でも伝えたい』という熱意を支えるために、授業に集中できる環境づくりに励んでいます」言葉についての深い洞察と、「話す」ことへの情熱に満ちた講義の後には、毎回多くの学生から質問が寄せられる。古舘客員教授はその一つ一つにじっくりと答え、熱い議論が交わされているという。

毎回貼り出している授業の道しるべ的な図の前で

関根さんが初めてSAを経験したのは、学部3年次の時だった。「担当科目は経済学部1年次生必修の『情報処理入門』で、学んだPCスキルを生かしてアドバイスとサポートを行いました。授業を補助しながら、自分の復習もできる。先生との交流のきっかけにもなり、自身の学びや成長につながっています」

心掛けているのは、教員と学生の双方が気持ちよく、スムーズに授業を進められるよう気を配ること。時には、大学院進学に興味を持つ学生の相談に応じることもある。「私もTA・SAの大学院学生に相談した経験があり、具体的なアドバイスを伝えています」将来は研究者を目指している関根さん。教員と学部学生の架け橋となりながら、自らもまた夢に向かって学び続けている。

※立教大学のTA・SA制度

TA・SAハンドブック ※2019年6月18日の授業にて撮影。

本学における教育の質の向上を目的として設けられている制度。学部学生や大学院学生が授業のアシスタントを務め、履修者にとって授業をより充実したものにします。また、TA・SAの学生が教育実践のトレーニングを積む機会であるとともに、経済的に支援する目的もあります。学内応募・選考の後、研修を行った上でサポートにあたります。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

立教生のキャンパスライフ

2022/11/17

授業とボランティア活動の両面から日本語教育と向き合う。教育者...

立教日本語教室代表、異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科3年次 鈴木 沙季さん

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。