新たな挑戦へのステップアップへ。
外国人留学生が見る立教。
Progress towards a new challenge.
Rikkyo in the eyes of international students.

インドネシア パジャジャラン大学からの交換留学生(1年間)理学部生命理学科 特別外国人学生 シャフィトリ フィルマンプトリさん Padjadjaran University, Indonesia Syafitri Firmanputri

2017/04/24

立教生のキャンパスライフ

OVERVIEW

立教大学は、年間200人以上の交換留学生を受け入れている。協定校の一つ、インドネシアのパジャジャラン大学から交換留学生としてやってきた、シャフィトリ フィルマンプトリさんもその一人だ。彼女にとって、立教大学での学びはどのように見えているのだろうか。
Every year, Rikkyo University welcomes more than 200 international exchange students. Syafitri Firmanputri,an Indonesian exchange student from Padjadjaran University in Indonesia, is one of them. We interviewed her about her campus life at Rikkyo.

本館前で In front of Main Building

GL202の仲間たちと Global Leadership Class

日本語科目「J0」の クラスメイトと Japanese Class

グローバルラウンジ 「感謝祭」イベントで MCを担当 Became MC in Thanksgiving

「専門領域である環境について学ぶため、卒業後、ヨーロッパへの再留学を考えています。そのために、立教大学では専門分野だけでなく多くのことに挑戦し、貴重な経験を積んでいきたい」

と話すシャフィトリさんは、日本語科目やTOEFL試験に向けた科目を受講するほか、英語でリーダーシップスキルを実践的に学ぶGL202(立教GLP)や環境コミュニケーションに関する科目を履修するなど、学部の枠を超えて精力的に学んでいる。

さらに、彼女は国際センターの学生スタッフとして、グローバルラウンジでの活動にも積極的だ。例えば、「ワールドカフェ」。立教で学ぶ外国人留学生と日本人学生がラウンジに集まり、日本語以外の言語でコミュニケーションをとるイベントだ。シャフィトリさんはカフェのマネージメントを担当し、毎週多くの学生の交流の場を盛り上げた。

「英語だけでなく、フランス語、中国語、韓国語が飛び交う楽しい場です。多数の言語とさまざまな文化や感性に触れられたのはとても刺激的でした」

彼女は将来、社会環境問題に関わるNGOをつくり、自国で持続可能な開発の実現を目指すという。立教での学びは、そのための礎となるに違いない。
“I would like to study further in Europe after graduation to do environmental research, which is my specialty. For that purpose, I would like to do a lot of things and accumulate valuable experiences here at Rikkyo University.”
Ms. Firmanputri is studying energetically beyond her faculty requirements. In addition to her Japanese language classes and other courses in preparation for TOEFL, she is taking Environment Communication classes as well as GL202 (Leadership Development through Action Learning and Coaching in Rikkyo’s Global Leadership Program) to acquire leadership skills in English.
She is also playing an active role in events held at the Global
Lounge as a student staff member registered with the International Office at Rikkyo. The World Cafe is one example, where international and Japanese students get together to communicate in languages other than Japanese. She was responsible for the management of the cafe and brought excitement to the weekly events where many students enjoyed talking with other participants.
“At the cafe events, students talked not only in English but also in French, Chinese, and Korean. It was quite exciting for me to be able to share different languages, cultures, and sensibilities.”
She is hoping to start an NGO related to social and environmental issues in the future to realize sustainable development in her home country. Her study here at Rikkyo will undoubtedly form a solid foundation for her future.

GL202の最終課題 Global Leadership Final Task

「ワールドカフェ」の 打ち合わせ Managed the World Cafe

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

立教生のキャンパスライフ

2017/09/25

法律相談で社会貢献を──学生法律相談室

学生法律相談室 法学部国際ビジネス法学科3年次 中田 祐樹さん