教育・研究成果報告司書課程

紀要発行

立教大学の司書課程の紀要『St. Paul’s Librarian』(SPL)を、毎年春に発行しています。歴史があり、2019年度には第34号を発行しています。2011年度号以降は、本学学術リポジトリ「立教Roots」にてほぼ全文をご覧いただくことができます。各号では、その年に図書館実習に行った学生からの報告をはじめとして、立教大学司書課程の主催行事や、教員の研究成果等を掲載しています。

公開講演会等主催

立教大学の司書課程は、1年に1回もしくは2回、学外の方たちにも自由に集っていただくことのできる公開講演会やシンポジウムを開催して、その内容は、上記の紀要『St. Paul’s Librarian』で報告しています。テーマは、図書館情報学の研究を、図書館現場や社会全般に還元することを目指して、精選しています。近年の主な取り組みとして、次のようなものがあります。

2019年度

公開シンポジウム「子どものための図書館サービス専門職養成の国際動向(Road to the Future : School and Children's Librarianship)」
子どものための図書館サービス専門職養成研究会(代表・中村百合子)主催
報告者:中村百合子(立教大学教授)
    ジェニファー・ブランチ氏(Dr. Jennifer BRANCH;アルバータ州立大学教授)
    サンドラ・ハーッシュ氏(Dr. Sandra HIRSH;サンノゼ州立大学情報学研究科長・教授)
    メリーアン・ハーラン氏(Dr. Mary Ann HARLAN;サンノゼ州立大学准教授)
    クリスティーナ・コレロ・イグレシアス氏(Dr. Christina CORRERO IGLESIAS;バルセロナ自治大学コーディネーター)
日時:2019年8月4日(月)10時00分から16時30分
場所:モエレ沼公園ガラス・ピラミッド

2018年度

学内講演会「アーカイブスと記録管理:オーストラリアの視点(Archives and Recordkeeping : An Australian Perspective)」
講師:キャシー・フィンドレー氏(Ms. Cassie FINDLEY;Gap Inc.・シニアアナリスト)
日時:2018年11月8日(木)9時00分から10時30分
場所:池袋キャンパス5号館2階 5223教室
公開シンポジウム「アーカイブズの最新トレンド2018」
報告者:カレン・メイソン氏(Ms. Kären M. MASON;Mary Louise Smith Iowa Women's Archives・キュレーター)
    キャシー・フィンドレー氏(Ms. Cassie FINDLEY;Gap Inc.・シニアアナリスト)
日時:2018年11月12日(月)18時20分から20時20分
場所:池袋キャンパス 1号館2階 1202教室
学内講演会「ヨーロッパの児童文学:読者と児童文学の過去、現在、未来に関する序説(La literatura infantil en Europa : Introducción al pasado, presente y futuro del lector i de la literatura infantil )」
講師:ジョーン・ポルテル・リフ博士(Dr. Joan Portell Rifà;バルセロナ自治大学非常勤講師・立教大学客員研究員)
日時:2018年12月20日(木)9時00分から10時30分
場所:池袋キャンパス5号館2階 5223教室

2017年度

学内講演会「変わりゆく時代の図書館、図書館情報学教育、図書館情報専門職 (The Global Transformation of Libraries, LIS Education, and LIS Professionals)」
講師:サンドラ・ハーッシュ博士(Dr. Sandra HIRSH;サンノゼ州立大学情報学研究科長・教授;2017年度立教大学招へい研究員)
日時:2017年10月6日(金)18時20分から20時30分
場所:池袋キャンパス本館
公開シンポジウム「図書館・文書館の国際動向2017」
報告者:中村百合子(立教大学教授)、第83回国際図書館連盟年次大会
    古賀崇(天理大学教授)、第81回米国アーキビスト協会年次大会
    原修(立教大学図書館利用支援課課長)、台湾図書館研修2017
日時:2017年11月24日(金) 18時20分から20時20分
場所:立教大学池袋キャンパス11号館

2016年度

公開講演会「一世紀前の「新しい美術館」と「新しい図書館」:ジョン・コットン・デイナ、根源的民主主義者の仕事(A “New Museum” and a “New Library” a Century Ago: The Career of John Cotton Dana, Radical Democrat)」
講師:キャロル・ダンカン博士(Dr. Carol DUNCAN;ラマポ・カレッジ名誉教授)
日時:2016年5月26日(木)18時30分から20時30分
場所:立教大学池袋キャンパス1号館
学外講演会「スペインの児童文学と児童に対する図書館サービス(La literatura i les biblioteques per a nens i nenes a Espanya)」
白百合女子大学司書課程主催、2016年度立教大学司書課程後援
講師:ジョーン・ポルテル・リフ博士(Dr. Joan Portell Rifà;バルセロナ自治大学非常勤講師・立教大学客員研究員)
日時:2017年1月23日(月)18時00分から20時00分
場所:白百合女子大学

2015年度

公開講演会「図書館とソーシャル・キャピタル」
講師:柴内康文(東京経済大学教授)
日時:2015年12月18日(金)18時20分から20時20分
場所:立教大学池袋キャンパス 10号館

2014年度

図書館展示「上橋菜穂子氏の世界展」
本学校友の上橋菜穂子氏が国際アンデルセン賞作家賞に選ばれたことを記念し、司書課程履修中のボランティア学生により、同氏の作品を紹介する企画展示を実施
日時:2014年7月1日(火)から10月28日(火) 
場所:立教大学池袋図書館B1F展示コーナー
その後、12月から翌2015年3月まで、一部ポスターは、立教大学に新座図書館にて展示

共同研究

立教大学の司書課程では、履修生や修了生にも参加してもらい、図書館に関わって現在、重要と思われる研究テーマについて、競争的研究資金を獲得する等として、共同研究を実施しています。
図書館でのVRやドローンの活用に関する研究(2018-2019)
香港聖公會明華神學院図書館(HKSKH Ming Hua Theological College Library)の司書Dr.Helen Cheung等と共に取り組んでいます。2019年7月3日(水)には成果報告会「圖書館學習新體驗:港日交流會」が香港で実施されました。
遠隔教育による学校図書館専門職養成の現状と国際連携の可能性に関する研究(2016-2019)
学内助成金( 立教SFR共同プロジェクト研究 )を得て、「大学通信教育課程とeラーニング(メディア授業)の研究」を進めています。
サンドラ・ハーッシュ教授の招へい(2017)
2017年度立教大学招へい研究員として、アメリカ合衆国のサンノゼ州立大学情報学研究科(School of Information, College of Applied Sciences and Arts, San José State University)の研究科長サンドラ・ハーッシュ(Sandra Hirsh)博士に、本学の司書課程にいらしていただきました。2017 年10月の17日間の日本滞在中、講演会「変わりゆく時代の図書館、図書館情報学教育、図書館情報専門職」等で、先進的なアメリカ合衆国の図書館事情を精力的に共有してくださいました。
MLA(Museum、 Library、 Archives)の専門職養成の現状と連携模索に関する研究(2017-2018)
本学の学芸員課程の川口幸也教授、佐藤真実子教育研究コーディネーター、また香港大学専任講師のDickson Chiu博士と共に、学内助成金(立教SFR共同プロジェクト研究 )を得て、「諸外国および日本における文化・情報専門職養成の比較研究」を進めています。
公共図書館における哲学対話実施のあり方に関する検討(2016-2017)
立教大学文学部教育学科の河野哲也教授が進める哲学対話の国内での実践を、岩手県や宮城県の公共図書館で実施し、その内容を検討しました。本学の司書課程では、2012年2月に履修生と教員のグループで陸前高田市への寄贈図書の整理にお伺いしたことを契機に、交流を継続しています。そのときからのご縁もあって、河野教授らとともに、岩手県、宮城県に、司書課程の履修生や登録生と教員が入り、この研究プロジェクトを実施しました。
学校図書館司書教諭養成に関する研究(2015-2016)
さまざまな角度から学校図書館司書教諭の資格付与の歴史についての検討を行いました。2015年度から2016年度にかけて、立教大学池袋キャンパスと大阪教育大学天王寺キャンパスで、連続公開シンポジウム「司書教諭資格付与科目の教育実践を検討する」を隔月で全5回、実施しました。

立教大学図書館VRプロジェクト

2018年度に、立教大学図書館のバーチャル・ツアー作成に取り組み、司書課程の教材としての活用をはじめました。バーチャル・ツアーの作成は、香港のSugar Coat VFX Design社にお願いしました。できあがったバーチャル・ツアーは下記特設ページからご覧ください。