ラテンアメリカ講座
ラテンアメリカ講座の特徴
ラテンアメリカ講座でじっくりと学ぶ
ラテンアメリカ講座は、数か月単位の短期的な学習ではなく、通年制でラテンアメリカとじっくり付きあいたい方のための講座です。今日では多くの大学が市民講座を設けていますが、ラテンアメリカについてじっくりと総合的に学ぶ特色ある講座を提供し続けているのは、本研究所のみと言っても過言ではありません。
ラテンアメリカ講座でキャンパスライフを楽しむ
立教大学の特徴は、イギリスのカレッジさながらの由緒ある建物に囲まれた緑豊かなキャンパス。休み時間にクラスメートと食事をしたり予習をしたり、授業の疑問を分かち合ったり、年間を通した学習で大学生活の醍醐味が味わえます。ラテンアメリカ講座受講生には図書館利用証が発行され、2012年秋に開館した池袋図書館を利用できます。多くの社会人講座では講座開講日のみの利用が多いのですが、ラテンアメリカ講座受講生はいつでも図書館の利用が可能で、閲覧だけでなく本を借りることもできます。また、受講生にはV-Campus IDが発行され、パソコン室を利用したり、キャンパス内のWIFIを利用することもできます。このように、在学生と同じような環境で勉学に励むことができます。ラテンアメリカ研究所は多くの講演会を主催しており、受講生には優先的にお知らせしています。また、当研究所以外にも大学内では様々な講演会が開催されており、積極的に参加している受講生もいます。
ラテンアメリカ講座は多彩な科目
ラテンアメリカ講座には、スペイン語、ポルトガル語など語学だけでなく、ラテンアメリカ論や文学など、文化的背景を考慮に入れた科目がそろっており、ラテンアメリカに関する総合的な学習が可能です。また、語学科目の中にもラテンアメリカスペイン語など、特色のある科目があります。
ラテンアメリカ講座は科目選択が自由
ラテンアメリカ講座では、受講生自身が自由に科目を選択することができます。語学科目のレベルチェックはありませんので、自分の意欲次第で「ちょっと自分には難しいかな」と感じる授業を受けることもできます。その場合、同じ科目を複数年受講して、確実に知識を身につけるという方法もあります。また、ある程度の知識はあるが、それを確実なものにするため、一段階低いレベルの科目を選択することも可能です。初めて受講する方は受講オリエンテーションに参加した後、興味のある科目を体験した上で登録してください。
ラテンアメリカ講座では受講生同士の交流が盛ん
通年制の講座で長期に学ぶラテンアメリカ講座受講生は、現役大学生のように親しくなります。年齢も職業もさまざまで、ラテンアメリカへの興味や関心は十人十色、中には専門家のような知識を持つ方もいます。さまざまなラテン愛好家に出会い、情報を交換すれば、ラテンアメリカがもっと身近に感じられ、受講もいっそう楽しくなります。