国際会議:ブラジル日本人移民100年の軌跡
Centurial Trajectory of Japanese Immigrants in Brazil
『ブラジル日本移民‐百年の軌跡』学術賞を受賞
文学部の丸山浩明教授が編著『ブラジル日本移民-百年の軌跡-』(明石書店)により2011年度地理空間学会学術賞を受賞しました。 この著書は、立教大学ラテンアメリカ研究所のプロジェクト研究「ブラジルにおける日系移民資料の分析・保存とデジタルアーカイブ構築:移民百年の軌跡」と、2008年10月25日(土)、26日(日)に開催された国際会議「ブラジル日本人移民100年の軌跡(Centurial Trajectory of Japanese Immigrants in Brazil)」の成果を取りまとめたもので、2010年7月に刊行されました。 表彰式は、2011年6月18日(土)筑波大学で開催された地理空間学会大会・総会にて執り行なわれました。
【丸山浩明教授のコメント】
このたび賞をいただいた著書は、ラテンアメリカ研究所を推進母体にして、本学の研究助成制度である立教SFR(学術推進特別重点資金)により実施したプロジェクト研究と国際会議の成果をとりまとめたものです。今日、深刻な消失の危機に瀕する移民資料の永続的保存を図りつつ、さまざまな学問分野の協同による学際的なブラジル移民研究の可能性を具体的に追求した内容です。課題を残しつつも、学問の壁にとらわれない挑戦的な姿勢が評価されたのかもしれません。本研究にご参加くださった日伯両国の研究者の方々、そして一連の研究活動を親身にご支援くださったリサーチ・イニシアティブセンター、メディアセンター、ラテンアメリカ研究所の皆さまに、心からお礼を申し上げます。
立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)助成による国際会議
「ブラジル日本人移民百周年」に当たる2008年10月25日(土)26日(日)、立教大学において「ブラジル日本人移民100年の軌跡(Centurial Trajectory of Japanese Immigrants in Brazil)」と題する国際会議を開催しました。その概要をご紹介します。
目次
開催目的
1908年6月18日第1回ブラジル日本人移民を乗せた「笠戸丸」がサントス第14埠頭に接岸して以来、ブラジルにおける日本人移民の歴史は、2008年でちょうど100周年を迎え、その記念すべき年に、当国際会議は、次のような目的のもとに開催された。
開催経緯
ブラジル日本移民100周年に当たり、現在、日本とブラジルの双方で移民をめぐるさまざまな行事や研究が行われた。とりわけ現地の日系社会では、移民100周年史の編纂や、移民史料館の建設・改修など、各地で移民史を後世の伝承に対する関心が高まった。しかし、これまでブラジル日本移民研究は、必ずしも活発に行われてきたとはいえず、この移民100周年が、日本とブラジルの研究者や日系社会の協働による移民研究の発展に大きく寄与する一つの契機となることが期待されている。その実現のためにも、日本とブラジルにおけるこれまでの研究の成果や、移民関係資料の現状・課題について協議する場が切望されていた。
こうした状況の中、立教大学ラテンアメリカ研究所では、2007年度立教大学SFRに採択された単独プロジェクト研究「ブラジルにおける日系移民資料の分析・保存とデジタルアーカイブ構築:移民百年の軌跡」に取り組んでおり、同年7月~9月にかけて実施したブラジルでの本格的な現地調査により、当プロジェクト研究が所期の目的を達成しうる見通しを得た。その成果を広く社会に公表し、かつ移民研究全体の中に位置づけることで、当プロジェクト研究の意義をより一層明確化することが望まれた。
2008年はブラジル日本人移民百周年の記念すべき年であり、ブラジル日本移民史に対する関心が両国を中心に広く高まった。移民史研究や移民資料の現状と課題を確認し、同時に立教SFRの研究成果を公表する国際シンポジウムを開催するにはこのうえない好機と考え、当国際会議を開催した。
会議の成果
国際会議プログラム

このプログラムは2008年10月25日26日に開催された国際会議のプログラムを以下に伝えます。なお、国際会議での講演や共同討議内容については、現在著書として刊行すべく作業中です。

第1日・・・10月25日(土)
会場立教大学池袋キャンパス7号館1階7102教室

開会式・基調講演・・・・・午前10:30より
ブラジル日本移民研究における「空白」と「断絶」・・・・・午後13:00より
第2日・・・10月26日(日)
立教大学池袋キャンパス7号館1階7102教室

立教大学ラテンアメリカ研究所SFRプロジェクト研究報告
「ブラジルにおける日系移民資料の分析・保存とデジタルアーカイブ構築」

事例研究報告1・・・午前10時より
サンパウロ州バストス/マットグロッソ・ド・スル州カンポグランデ・バストス、カンポグランデ
事例研究報告2・・・・・
移民「写真」資料のデジタル化とデジタルアーカイブ構築・利用
国際会議「移民100年の軌跡」運営事務局
立教大学ラテンアメリカ研究所
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
電話:03-3985-2578  FAX 03-3985-0279
E-mail: