ラテンアメリカ研究所について
理念・目的 研究活動 交流 運営、施設・設備
研究所紹介TOP
立教大学ラテンアメリカ研究所は、ラテンアメリカに関する総合的な研究と、その研究者および関連分野で活躍する人材の育成を目的とし、駐日ブラジル大使をはじめとする駐日中南米十数ヵ国の大・公使の賛同を得て、1963年に創設されました。
本研究所は、1964年4月に「ラテンアメリカ講座」を開講したほか、1973年から毎年「研究所報」を発行、さらに公開講演会やシンポジウムなど行事も頻繁に企画しています。本研究所が主催する公開講演会の中で特に高評を得ているのは、1969年以来毎年恒例の「現代のラテンアメリカ」で、講師に内外の研究者や著名な文化人などを招き、ラテンアメリカの文学、文化、音楽、美術、建築、宗教から、政治、経済、社会、環境、先住民問題にいたるまで、広範なテーマを取り上げています。
また、本研究所はラテンアメリカに関する図書、文献、資料などを収集しています。なかでも特に文学・文化関係の和書、ブラジルの日本移民史料館などから購入した日系移民に関する図書や資料が充実しています。2012年からコレクションは池袋図書館へ移管されましたが、講座受講生は所定の手続きを経て利用できます。
このように、本研究所は、日本の大学教育に欠けていた社会教育の場を提供し始めた草分け的な存在です。今日では多くの大学が市民講座を設けていますが、ラテンアメリカについてじっくりと総合的に学ぶ特色ある講座を提供し続けているのは、本研究所のみと言っても過言ではありません。過去50年、ラテンアメリカに関わり活躍する講座卒業生を輩出してきました。引き続き、組織的な研究活動をさらに深化させ、ラテンアメリカ研究の質的向上とその社会還元に努めていく所存です。