グローバル人材育成プログラム海外留学・国際交流のサポート

グローバル教育センターでは、学部専門科目や全学共通カリキュラムを通じて得た教養や専門知識に基づく実力を、世界で発揮するために必要となるスキルを身につける科目群とともにその実力を試す場を提供しています。

グローバル・リーダーシップ・プログラム

グローバルに活躍するために、英語と同等に重要なリーダーシップをスキルとして身につける立教独自のリーダーシップ開発プログラムです(通称:立教GLP)。全学部生が履修できる全学共通科目の積み上げ式プログラムで、実践的、体系的にリーダーシップを修得できます。さまざまな学部・学年の学生が参加し、企業や団体の提示するプロジェクト課題に少人数のグループワーク形式で取り組みます。日本語でも英語でも段階を踏んで成長をしていくことができ、最終的にはグローバルな環境でもリーダーシップを発揮できるようになります。

詳細はこちら(グローバル教育センターのサイト)

陸前高田プロジェクト 

立教大学と長年交流のある岩手県陸前高田市での課題基盤型学習プログラムを通じて、 被災地の現状を広く学生に知ってもらい、復興における課題を共有することを目的としたプログラムです。スタンフォード大学の学生と共に課題に意欲的に取り組むことにより、課題解決能力、プレゼンテーション能力、論理的思考力、デザイン思考力などの実践的な力を身につけるとともに、専門知識や教養科目の重要性を認識し、今後の学習動機を強めることが期待できます。使用基本言語は英語で、多様な学生との協働作業を通じて、外国語力や異文化適応力、コミュニケーション力やリーダーシップ力も養われます。

詳細はこちら(グローバル教育センターのサイト)

「国際協力人材」育成プログラム

平成26年度文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」に揃って採択された立教大学・明治大学・国際大学の学生が3大学のキャンパスでともに学びあい、国際社会が取り組むべき地球規模の課題に対応、解決するための知識や能力を育成する新しい形の実践的教育プログラムです。立教・明治の学生がともに両大学のキャンパスで学びすべての科目が英語で開講されます。

詳細はこちら(グローバル教育センターのサイト)

海外インターンシップ

海外における就業体験および生活を通して、企業を知り、社会の仕組みを理解し、働くイメージを持つきっかけを得るプログラムです。併せて、異文化適応力、コミュニケーション能力、外国語力、主体性、責任感、柔軟性、発信力など国際的にも活躍できる能力を高めることができます。

詳細はこちら(グローバル教育センターのサイト)

国連ユースボランティア

世界の平和と開発を支援するためにボランティアリズムを推進する国連機関である国連ボランティア計画(UN Volunteers)が大学と連携して、学生を開発途上国へボランティアとして派遣するプログラムです。派遣される学生は約5カ月間、開発途上国において国連や政府機関、NGOのスタッフ、そして現地の人々ともに活動に従事します。
開発途上国での貴重なボランティア活動と、異なる環境で育った人々と共に協働し生活することを通じて、異文化適応力、コミュニケーション能力、外国語力、主体性・積極性、責任感、柔軟性、発信力、忍耐力等の国際的にも活躍できるグローバル人材として必要な要素が涵養されることが期待できます。また、国連やNGOなど国際協力分野における現​地での活動を見る機会も得られます。

詳細はこちら(グローバル教育センターのサイト)

東ティモール派遣の様子(YouTubeへ)

モザンビーク派遣の様子(YouTubeへ)

タンザニア派遣の様子(YouTubeへ)

お問い合わせ

立教大学グローバル教育センター

グローバル教育センターのサイト