協定校からの交換留学生
(特別外国人学生)立教で学びたい海外の方へ

海外の協定校から立教大学で交換留学生として学びたい学生へのご案内です。

1.協定校

交換留学生の受け入れは立教大学と大学間の学生交流協定を締結している海外の大学(協定校)に在籍する学生からのみ出願を受け付けます。協定校経由以外の申込は受け付けません。

立教大学と大学間の学生交流協定を締結している海外の大学(協定校)の情報は、以下のページからご確認ください。

2.募集情報

出願締切

春学期:4月~7月(2019年度春学期出願締切 2018年11月15日)
秋学期:9月~2月(2019年度秋学期出願締切 2019年3月31日)
大学間協定による交換留学生の受け入れの詳細は、以下の募集要項をご確認ください。
※立教大学の特定の学部・大学院と学部間の学生交流協定を締結している海外の大学(協定校)に在籍する学生の出願については、協定を締結している学部・大学院にお問い合わせください。

3.学習案内

翌年度の学習案内は、3月下旬に公開する予定です。
1.春学期
2.秋学期
科目一覧・シラバス
時間割
経営学部/研究科所属学生対象英語科目
3.履修単位上限・履修時間数

履修登録上限単位数

特別外国人学生の履修登録上限単位数は、半期20単位(4半期10単位)です。
ただし、研究計画等の理由により、半期20単位を超える場合は、アドバイザーまたは指導教員*の承認があれば、それ以上の履修を認める場合があります。

*特別外国人学生には、主に学習・研究を支援するために、各学部・研究科の専任教員が、学部生には「アドバイザー」、大学院学生には「指導教員」としてつきます。各学期の開始前にアドバイザー・指導教員と面談し、授業の履修相談等を行うほか、在学中を通じてアドバイザー・指導教員と相談できる体制が整えられています。

履修時間数

立教大学の授業は、基本的に、1回90分です。週2回、3回または5回をセットで履修する場合もあります。

在留資格「留学」の条件として、特別外国人学生の履修授業時間数は、年間を通じて(春学期・秋学期の両学期とも)、1週間に10時間以上とします。つまり、1週間に7クラスは履修する必要があります。ただし、大学院学生は、研究および論文作成の時間が含まれるため、この限りではありません。
過去の学習案内

4.宿舎

本学国際交流協定校からの交換留学生には、学生の希望により学生寮を手配します。※室数の関係上、必ずしも希望通りに寮に入れない可能性があります。

立教大学国際交流寮について

5.奨学金

大学間協定による交換留学生を対象とした奨学金については、以下をご覧ください。

6.学年暦

特別外国人学生のための学年暦は、以下をご覧ください。翌年度の学年暦は、11月下旬~12月上旬頃に公開します。

7.特別外国人学生プログラムパンフレット

お問い合わせ

立教大学国際センター