アジア地域研究所Centre for Asian Area Studies

政治・経済・歴史・文化・観光・芸能と多岐にわたるアジア地域研究を推進し、学問の枠を越えて研究者の交流をはかり、研究所が擁する人的・知的な資産を、学内外へ発信することを目指しています。研究広報誌の発行、講演会等の開催も行っています。

※アジア地域研究所は2021年8月2日(月)から9月18日(土)の間、平日は10:30~15:30(土曜日は閉室)に時間を短縮して窓口を開室いたします。

研究所について

沿革と概要

45年の歴史と貴重な文献資料

立教大学アジア地域研究所は、1958(昭和33)年に旧・文部省科学研究費の特別枠交付を受けて発足した「アジア地域総合研究施設」に端を発します。 この研究費は、当時の日本におけるアジア研究が中国に関するものを除けば、一般に欧米諸国に比べ遅れていたことから、 アジア諸地域の社会・経済研究の推進を目的として設けられたものでした。 立教大学では、その研究プロジェクトの地理部門を担当し、特に東南アジアの文献を収集・利用促進の役割を担ったのでした。

研究費打ち切り後も、研究成果や研究者のネットワークは、大学院地理学専攻の新設によって受け継がれ、 さらにアジア研究重視の潮流を受け、1998年に文学部の「施設」から、大学の研究所である「アジア地域研究所」として生まれ変わりました。

このような歴史を持っているため、当研究所は、国内でも現存数の少ない価値な文献を有しているのです。これらの文献は、池袋図書館内の図書閲覧室で閲覧できます(貸出し可能なものもあります。蔵書検索はwwwOPACへ)。

さらに詳しく知りたい方は以下リンク先よりご覧ください(ニューズレター連載より抜粋)。

研究所概要

立教大学アジア地域研究所は、アジア、アフリカ、オセアニアの各地域を対象にした地域研究を行う全学的研究所で、 プロジェクトごとに研究グループを組み、研究活動を行っています。また、一般の方にも公開する講演会、研究会、シンポジウムを行うほか、 研究成果を報告する出版物も発行しています。

なお、アジア地域研究所の英語表記は、各ページ下欄にあるように、Centre for Asian Area Studies となります。“Center”ではありませんのでご留意ください。
メンバー
所長
四日市 康博(文学部史学科)

副所長
倉田 徹(法学部政治学科)

所員
イ・ヒャンジン(異文化コミュニケーション学部)
石井 正子(異文化コミュニケーション学部)
上田 信(文学部史学科)
王 媛(異文化コミュニケーション学部)
大橋 健一(観光学部交流文化学科)
奥野 克巳(異文化コミュニケーション学部)
加藤 千恵(現代心理学部)
郭 洋春(経済学部経済学科)
日下部 尚徳(異文化コミュニケーション学部)
工藤 正子(観光学部)
河野美奈子(外国語研究教育センター)
清水 美里(経済学部会計ファイナンス学科)
須永 徳武(経済学部経済学科)
千住 一(観光学部交流文化学科)
孫 斉庸(法学部政治学科)
ゾンターク ミラ(文学部キリスト教学研究科)
竹中 千春(法学部政治学科)
杜 国慶(観光学部観光学科)
野中 健一(文学部史学科)
橋本 栄莉(文学部史学科)
黄 盛彬(社会学部メディア社会学科)
細井 尚子(異文化コミュニケーション学部)
舛谷 鋭(観光学部交流文化学科)
松浦 正孝(法学部政治学科)
松田 宏一郎(法学部政治学科)
マーク・カプリオ(異文化コミュニケーション学部)
宮﨑 友里(観光学部)
山下 王世(文学部史学科)
青柳 真智子(本学名誉教授)
梅原 弘光(本学名誉教授)
豊田 由貴夫(本学名誉教授)
弘末 雅士(本学名誉教授)

特任研究員
安達 宏昭
諫早 庸一
今泉 良太
宇井 志緒利
遠藤 正之
大河内 博
大塚 直樹
越智 敏夫
金沢 陽
金 智英
工藤 裕子
熊谷 摩耶
倉田 明子
久礼 克季
鹿野 美枝
重松 伸司
シュヴァルツ トーマス
鈴木 直子
簡 秀珍
関 浩志
高橋 孝治
高藤 洋子
武田 康孝
張 泓明
鍾 欣宏
中林 広一
樋口 謙一郎
姫本 由美子
ファン イッテルベーク ヨースト
深串 徹
福島 康博
フランツィスカ・シュルツ
洪 榮林
馬 嘉嘉
松井 生子
松岡 昌和
宮田 絵津子
宮内 洋平
茂田井 円
盛田 茂
容 應萸
李 孟勲
林 于竝

イベント・講演会

2021.09.19 日本貿易陶磁研究会 第41回研究集会『最近の話題の遺跡・注目される研究から』※事前申込要
日時:
2021年9月19日(日)9:30~17:00(予定)

場所:
オンライン形式(Zoom)

内容:
新型コロナ感染症の影響で、移動や面会などが制限され、貿易陶磁研究に関わる情報共有が困難な状況にある。一方、遺跡の発掘調査や調査報告書の刊行は、これまで通り行われており、コロナ禍において発信された、最近の話題の遺跡や注目される研究にスポットを当て、議論を深める機会としたい。

発表者:
岩熊 拓人氏(福岡市埋蔵文化財課)
「博多遺跡群第221次調査出土の貿易陶磁」

山口 正紀氏(かながわ考古学財団)
「神奈川県伊勢原市の中世遺跡」

阿部 来氏(勝山市教育委員会 史蹟・文化課)
「白山平泉寺の陶磁器」

中山 圭氏(天草市文化課)
「菊池氏関連遺跡「隈府土井ノ外遺跡」の貿易陶磁器」

村木 二郎氏(国立歴史民俗博物館)
「陶磁器からみた先島の集落遺跡と琉球帝国」

堀内 秀樹氏(東京大学埋蔵文化財調査室)
「江戸遺跡出土の貿易陶磁器の数量分析」

主催:
日本貿易陶磁研究会

共催:
立教大学アジア地域研究所

対象:
教員、学生、研究者、一般

申込方法:
下記のリンクから登録してください。

問合せ先:
日本貿易陶磁研究会 jptradeceramics@gmail.com 

刊行物

入手希望の方は、当研究所までご連絡ください。
年報 なじまぁ
なじまぁは、2010年度より研究所の年報として発刊しています。その年度に開催されたイベント(講演会、シンポジウム)をベースにしたものを特集とし、所員、研究員に授業の紹介や著書、研究報告などを寄稿してもらっています。
その他の刊行物

Proceedings -国際シンポジウム論文集-

  • 「東アジア文化圏の芸態にみる『大衆』~観念・実体・空間~」 論文集 細井尚子編著(2019.3.31発行)
  • 「近代日本」空間下の東アジア大衆演劇 論文集 細井尚子編著(2017.3.31発行)

Working Papers

  • No.16 21世紀アジアをめぐる海の国際政治-インド洋・ベンガル湾・南シナ海・東シナ海・太平洋(2016.9.30発行)

Occasional Papers

  • No.15 Regional States and the Identities of Overseas People(2019)
  • No.14 The Detritus of Empire: Images of "Japanese-ness"in Liberated Southern Koria,1945-1950(2009)
  • No.13 Anthropological Studies of Sago Palm in Papua New Guinea(2008)

その他

  • 立教大学所蔵 外邦図目録(2014.2.20発行)
「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」21世紀海域学の創成 成果報告書
平成25年~27年度にアジア地域研究所を推進母体とし実施された、文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」21世紀海域学の創成-「南洋」から南シナ海・インド洋・太平洋の現代的ビジョンへ-の研究プロジェクト成果報告書です。

お問い合わせ

立教大学アジア地域研究所

池袋キャンパスへのアクセス

Centre for Asian Area Studies

Ikebukuro Campus Map