アジア地域研究所Centre for Asian Area Studies

政治・経済・歴史・文化・観光・芸能と多岐にわたるアジア地域研究を推進し、学問の枠を越えて研究者の交流をはかり、研究所が擁する人的・知的な資産を、学内外へ発信することを目指しています。研究広報誌の発行、講演会等の開催も行っています。

研究所について

沿革と概要

45年の歴史と貴重な文献資料

立教大学アジア地域研究所は、1958(昭和33)年に旧・文部省科学研究費の特別枠交付を受けて発足した「アジア地域総合研究施設」に端を発します。 この研究費は、当時の日本におけるアジア研究が中国に関するものを除けば、一般に欧米諸国に比べ遅れていたことから、 アジア諸地域の社会・経済研究の推進を目的として設けられたものでした。 立教大学では、その研究プロジェクトの地理部門を担当し、特に東南アジアの文献を収集・利用促進の役割を担ったのでした。

研究費打ち切り後も、研究成果や研究者のネットワークは、大学院地理学専攻の新設によって受け継がれ、 さらにアジア研究重視の潮流を受け、1998年に文学部の「施設」から、大学の研究所である「アジア地域研究所」として生まれ変わりました。

このような歴史を持っているため、当研究所は、国内でも現存数の少ない価値な文献を有しているのです。これらの文献は、池袋図書館内の図書閲覧室で閲覧できます(貸出し可能なものもあります。蔵書検索はwwwOPACへ)。

さらに詳しく知りたい方は以下リンク先よりご覧ください(ニューズレター連載より抜粋)。

研究所概要

立教大学アジア地域研究所は、アジア、アフリカ、オセアニアの各地域を対象にした地域研究を行う全学的研究所で、 プロジェクトごとに研究グループを組み、研究活動を行っています。また、一般の方にも公開する講演会、研究会、シンポジウムを行うほか、 研究成果を報告する出版物も発行しています。

なお、アジア地域研究所の英語表記は、各ページ下欄にあるように、Centre for Asian Area Studies となります。“Center”ではありませんのでご留意ください。
メンバー
所長
石井 正子(異文化コミュニケーション学部)

副所長
倉田 徹(法学部政治学科)

所員
イ ヒャンジン(異文化コミュニケーション学部)
上田 信(文学部史学科)
王 媛(異文化コミュニケーション学部)
大橋 健一(観光学部交流文化学科)
奥野 克巳(異文化コミュニケーション学部)
加藤 千恵(現代心理学部)
郭 洋春(経済学部経済学科)
日下部 尚徳(異文化コミュニケーション学部)
工藤 正子(観光学部)
河野 美奈子(外国語研究教育センター)
千住 一(観光学部交流文化学科)
孫 斉庸(法学部政治学科)
ゾンターク ミラ(文学部キリスト教学研究科)
杜 国慶(観光学部観光学科)
野中 健一(文学部史学科)
橋本 栄莉(文学部史学科)
黄 盛彬(社会学部メディア社会学科)
細井 尚子(異文化コミュニケーション学部)
舛谷 鋭(観光学部交流文化学科)
松浦 正孝(法学部政治学科)
松田 宏一郎(法学部政治学科)
宮﨑 友里(観光学部)
森平 崇文(外国語教育研究センター)
山下 王世(文学部史学科)
四日市 康博(文学部史学科)
青柳 真智子(本学名誉教授)
梅原 弘光(本学名誉教授)
豊田 由貴夫(本学名誉教授)
弘末 雅士(本学名誉教授)
カプリオ マーク(本学名誉教授)

特任研究員
安達 宏昭
諫早 庸一
今泉 良太
遠藤 正之
大河内 博
大塚 直樹
金沢 陽
金 智英
工藤 裕子
熊谷 摩耶
倉田 明子
久礼 克季
今野 純子
簡 秀珍
鹿野 美枝
重松 伸司
清水 美里
シュヴァルツ トーマス
シュルツ フランツィスカ
鈴木 直子
関 浩志
高橋 孝治
高藤 洋子
武田 康孝
張 泓明
中林 広一
阪堂 博之
姫本 由美子
黄 イェレム
ファン イッテルベーク ヨースト
深串 徹
福島 康博
洪 榮林
馬 嘉嘉
松井 生子
松岡 昌和
宮内 洋平
宮田 絵津子
盛田 茂
容 應萸
李 孟勲
林 于竝

イベント・講演会

2022.09.17~18 日本貿易陶磁研究会 第42回研究集会「あの遺跡、再びの共有と展開」※事前登録要
日時:
2022年9月17日(土)12:30~17:00、18日(日)9:30~16:00(予定)

場所:
立教大学池袋キャンパス マキムホール15号館2階 M201教室
※ハイブリッド型開催(対面・オンライン)

内容:
遺跡の発掘は、いつの時代も私たちに新たな資料と知見を提供し、そこからまた新しい議論が始まる機会を生み出してきました。日本の貿易陶磁研究においても、遺跡の発掘成果が大きな役割を果たしてきたといえます。特に1970年代ごろから始まった列島規模の大開発時代の調査を契機に、全国各地で広汎に多数の遺跡が発掘されるようになりました。その結果、古代から近代までの長い時代にわたる地理的、歴史的な位置づけが異なる遺跡が発掘対象となり、陶磁器を出土する時代の遺跡の発掘件数も急激に増加していきました。
こうした調査、研究の過程で、多くの陶磁器分析の視点や方法、論点などが提示され、本研究会でのテーマとしたものもありました。今、その契機となった重要な遺跡の成果を再確認、検証し、その後、どのように展開したか。「あの遺跡」と「あの問題」を再び共有するとともに、今後の課題と展望を一緒に議論できれば有意義なことと考えます。

発表者:
・小野 正敏氏(国立歴史民俗博物館名誉教授)
 「基調報告 あの遺跡、再びの共有と展開(仮)」

・八重樫 忠郎氏(元 平泉町役場教育委員会)
 「平泉遺跡群出土の貿易陶磁研究について」(2000年以降の平泉出土の貿易陶磁研究について)
 コメント 水口 由紀子氏(さきたま史跡の博物館学芸員)

・田上 勇一郎氏(福岡市埋蔵文化財課主事)
 「鴻臚館・博多 ~古代・中世の国際貿易拠点~」(古代・中世における貿易陶磁の入り口「鴻臚館」と「博多」の発掘調査の現状)
 コメント 荒木 和憲氏(九州大学大学院人文科学研究院准教授)

・松吉 里永子氏(株式会社博通)
 「今小路西遺跡(御成小学校校内)の再検討」(鎌倉市内遺跡の編年基準資料として使われている今小路西遺跡(御成小学校校内)とそれ以降の市内遺跡の調査成果を比較し、再検討する。)
 コメント 田中 大喜氏(国立歴史民俗博物館准教授)

・瀬戸 哲也氏(公益財団法人元興寺文化財研究所)
 「今帰仁グスクの発掘調査と琉球列島出土貿易陶磁研究」(沖縄県今帰仁グスクの調査成果より、琉球列島出土貿易陶磁研究の現況と課題を報告する。)
 コメント 池谷 初恵氏(伊豆の国市教育委員会)

・布施 和洋氏(南部町教育委員会)
 「北の世界の貿易陶磁器-南部氏関連城館を中心に-」(三戸南部氏の中心居館聖寿寺館跡と周辺城館との出土陶磁器等の遺物や遺構の比較から、各城館の有意差を導き出し流通経路を推測する。)
 コメント 工藤 清泰氏(東北中世考古学会)

・小野 正敏氏(国立歴史民俗博物館名誉教授)
 「戦国城下町一乗谷の陶磁器消費」(戦国時代の都市の陶磁器消費について)
 コメント 鈴木 康之氏(県立広島大学地域創生学部教授)

・續 伸一郎氏(堺市文化財課)
 「堺環濠都市遺跡出土の貿易陶磁(2)—「南蛮貿易」期を中心として—」
 (堺環濠都市遺跡で発掘調査が開始されてから47年が経過した。中世後期を代表する都市として、貿易陶磁研究の初期段階から歩んできた。その軌跡を振り返ると共に最近の研究状況を紹介する。)
 コメント 岡本 真氏(東京大学史料編纂所准教授)

・堀内 秀樹氏(東京大学埋蔵文化財調査室准教授)
 「江戸遺跡出土貿易陶磁研究について」(江戸遺跡出土貿易陶磁研究とそのプロセス)
 コメント 赤松 和佳氏(伊丹市都市活力部まち資源室文化振興課)

主催:
日本貿易陶磁研究会

共催:
立教大学アジア地域研究所

対象:
教員、学生、研究者、一般

申込:
事前登録制。下記のリンクから登録してください。

締切日:
2022年9月3日(土)

問合先:
日本貿易陶磁研究会 jptradeceramics@gmail.com
立教大学アジア地域研究所 ajiken@rikkyo.ac.jp
2022.07.26 公開講演会「オセアニア史の語りにおける系譜と遺伝とその交錯」※事前登録要、先着25名
日時:
2022年7月26日(火)16:30~18:30

場所:
立教大学池袋キャンパス 14号館D601教室

内容:
オセアニアの歴史では、西洋からの交易の対象地、キリスト教の布教、植民地としての経験、太平洋戦争の経験などが交錯して現在に至っている。このようなオセアニアの歴史を、周辺の国家との関係を視野に入れ、地域住民の語りから文化の交流、経済の変化までも視野に入れて考える。

講師:
Matt Matsuda(マット・マツダ)氏(ラトガース・ニュージャージー州立大学教授)

司会:
豊田由貴夫(立教大学アジア地域研究所所員、名誉教授)

使用言語:
英語(通訳なし)

主催:
立教大学アジア地域研究所

対象:
学生、教職員、一般

申込方法:
事前登録制。下記のリンクから登録してください。

定員:
先着25名

問合先:
立教大学アジア地域研究所 ajiken@rikkyo.ac.jp

刊行物

入手希望の方は、当研究所までご連絡ください。
年報 なじまぁ
なじまぁは、2010年度より研究所の年報として発刊しています。その年度に開催されたイベント(講演会、シンポジウム)をベースにしたものを特集とし、所員、研究員に授業の紹介や著書、研究報告などを寄稿してもらっています。
その他の刊行物

Proceedings -国際シンポジウム論文集-


  • 「移行する大衆演劇~人々の記憶の現像と制度の再建~」 論文集 細井尚子編著(2022.3.31発行)

  • 「東アジア文化圏の芸態にみる『大衆』~観念・実体・空間~」 論文集 細井尚子編著(2019.3.31発行)
  • 「近代日本」空間下の東アジア大衆演劇 論文集 細井尚子編著(2017.3.31発行)

Working Papers

  • No.16 21世紀アジアをめぐる海の国際政治-インド洋・ベンガル湾・南シナ海・東シナ海・太平洋(2016.9.30発行)

Occasional Papers

  • No.15 Regional States and the Identities of Overseas People(2019)
  • No.14 The Detritus of Empire: Images of "Japanese-ness"in Liberated Southern Koria,1945-1950(2009)
  • No.13 Anthropological Studies of Sago Palm in Papua New Guinea(2008)

その他

  • 立教大学所蔵 外邦図目録(2014.2.20発行)
「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」21世紀海域学の創成 成果報告書
平成25年~27年度にアジア地域研究所を推進母体とし実施された、文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」21世紀海域学の創成-「南洋」から南シナ海・インド洋・太平洋の現代的ビジョンへ-の研究プロジェクト成果報告書です。

お問い合わせ

立教大学アジア地域研究所

池袋キャンパスへのアクセス

Centre for Asian Area Studies

Ikebukuro Campus Map

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。