アジア地域研究所Centre for Asian Area Studies

政治・経済・歴史・文化・観光・芸能と多岐にわたるアジア地域研究を推進し、学問の枠を越えて研究者の交流をはかり、研究所が擁する人的・知的な資産を、学内外へ発信することを目指しています。研究広報誌の発行、講演会等の開催も行っています。

研究所について

沿革と概要

45年の歴史と貴重な文献資料

立教大学アジア地域研究所は、1958(昭和33)年に旧・文部省科学研究費の特別枠交付を受けて発足した「アジア地域総合研究施設」に端を発します。 この研究費は、当時の日本におけるアジア研究が中国に関するものを除けば、一般に欧米諸国に比べ遅れていたことから、 アジア諸地域の社会・経済研究の推進を目的として設けられたものでした。 立教大学では、その研究プロジェクトの地理部門を担当し、特に東南アジアの文献を収集・利用促進の役割を担ったのでした。

研究費打ち切り後も、研究成果や研究者のネットワークは、大学院地理学専攻の新設によって受け継がれ、 さらにアジア研究重視の潮流を受け、1998年に文学部の「施設」から、大学の研究所である「アジア地域研究所」として生まれ変わりました。

このような歴史を持っているため、当研究所は、国内でも現存数の少ない価値な文献を有しているのです。これらの文献は、池袋図書館内の図書閲覧室で閲覧できます(貸出し可能なものもあります。蔵書検索はwwwOPACへ)。

さらに詳しく知りたい方は以下リンク先よりご覧ください(ニューズレター連載より抜粋)。

研究所概要

立教大学アジア地域研究所は、アジア、アフリカ、オセアニアの各地域を対象にした地域研究を行う全学的研究所で、 プロジェクトごとに研究グループを組み、研究活動を行っています。また、一般の方にも公開する講演会、研究会、シンポジウムを行うほか、 研究成果を報告する出版物も発行しています。

なお、アジア地域研究所の英語表記は、各ページ下欄にあるように、Centre for Asian Area Studies となります。“Center”ではありませんのでご留意ください。
メンバー
所長
四日市 康博(文学部史学科)

副所長
倉田 徹(法学部政治学科)

所員
イ ヒャンジン(異文化コミュニケーション学部)
石井 正子(異文化コミュニケーション学部)
上田 信(文学部史学科)
王 媛(異文化コミュニケーション学部)
大橋 健一(観光学部交流文化学科)
奥野 克巳(異文化コミュニケーション学部)
加藤 千恵(現代心理学部)
郭 洋春(経済学部経済学科)
日下部 尚徳(異文化コミュニケーション学部)
工藤 正子(観光学部)
河野 美奈子(外国語研究教育センター)
千住 一(観光学部交流文化学科)
孫 斉庸(法学部政治学科)
ゾンターク ミラ(文学部キリスト教学研究科)
杜 国慶(観光学部観光学科)
野中 健一(文学部史学科)
橋本 栄莉(文学部史学科)
黄 盛彬(社会学部メディア社会学科)
細井 尚子(異文化コミュニケーション学部)
舛谷 鋭(観光学部交流文化学科)
松浦 正孝(法学部政治学科)
松田 宏一郎(法学部政治学科)
宮﨑 友里(観光学部)
森平 崇文(外国語教育研究センター)
山下 王世(文学部史学科)
青柳 真智子(本学名誉教授)
梅原 弘光(本学名誉教授)
豊田 由貴夫(本学名誉教授)
弘末 雅士(本学名誉教授)
カプリオ マーク

特任研究員
安達 宏昭
諫早 庸一
今泉 良太
遠藤 正之
大河内 博
大塚 直樹
金沢 陽
金 智英
工藤 裕子
熊谷 摩耶
倉田 明子
久礼 克季
今野 純子
簡 秀珍
鹿野 美枝
重松 伸司
清水 美里
シュヴァルツ トーマス
シュルツ フランツィスカ
鈴木 直子
関 浩志
高橋 孝治
高藤 洋子
武田 康孝
張 泓明
中林 広一
阪堂 博之
姫本 由美子
黄 イェレム
ファン イッテルベーク ヨースト
深串 徹
福島 康博
洪 榮林
馬 嘉嘉
松井 生子
松岡 昌和
宮内 洋平
宮田 絵津子
盛田 茂
容 應萸
李 孟勲
林 于竝

イベント・講演会

2021.12.11~12 国際シンポジウム「「移動する大衆演劇:人々の記憶の表象と体制の再構築 移轉的大眾戲劇:民眾記憶的顯影與體制的重建」 ※事前登録要
日時:
2021年12月11日(土)10:30~20:30 12日(日)10:30~18:30 (日本時間)

場所:
台湾・國立臺北藝術大學とオンライン(Webexウェベックス) のハイブリッド形式

内容:
立教SFRプロジェクト共同研究「『東アジア文化圏』研究基盤の構築—娯楽市場における『大衆』『演劇』『大衆演劇』から—」の研究活動として、国際論壇、国際シンポジウムを毎年開催してきた。今年度は12月に台湾・台北芸術大学で国際シンポジウムをリアル開催する予定だったが、新型コロナウイルスの感染状況の影響により、台湾在住者は台北芸術大学で、非台湾在住者はオンラインで参加することとなった。この国際シンポジウムでは、若手育成の機会として今年度7月にオンラインで開催した東アジア大衆演劇を研究対象とする若手研究者の国際論壇で発表した本学及び大阪大学、明治大学、台湾芸術大学の大学院博士課程在籍者なども発表者として参加する。

基調講演:
岡崎 哲也氏(松竹株式会社常務取締役・最高財務責任者他)
演題「『生きている伝統演劇』をビジネスとして成立させるには」

発表者:
細井 尚子(立教大学異文化コミュニケーション学部教授、アジア地域研究所所員)
発表タイトル「演劇の2タイプから見る日本の娯楽市場における『西洋』受容」

中野 正昭氏(早稲田大学演劇博物館・招聘研究員、立教大学・兼任講師)
発表タイトル「侠客と女剣劇——籠寅興行部と大江美智子一座にみる大衆演劇の興行展開——」

宮  信明氏(早稲田大学・講師、立教大学・兼任講師)
発表タイトル「吉本の興行〈戦略〉——創業から大合同までを中心に——」

輪島 裕介氏(大阪大学・教授、立教大学・兼任講師)
発表タイトル「『道頓堀ジャズ』から「ドドンパ」へ:貫戦期大阪の歌と踊り」

後藤 隆基氏(早稲田大学坪内博士記念演劇博物館・助教)
発表タイトル「明治期京阪における新派の生成・受容・展開」

徐  亜湘氏(台湾・國立臺北藝術大學戲劇學院教授、立教大学2016年度招聘研究員)
発表タイトル「新劇中興之後:上海笑舞台的新劇演出及其時代意義分析(1915-1929)(新劇中興以降:上海笑舞台の文明戯上演とその意義の分析から)」

簡  秀珍氏(台湾・國立臺北藝術大學傳統音樂學院教授、立教大学アジア地域研究所特任研究員)
発表タイトル「演藝的跨域流動:1910年代~1930年代天勝一座帶回日本本土的表演者(演芸の越境的流動:1910年代から1930年代にかけて、天勝一座が日本に連れ帰ったパフォーマー)」

林  于竝氏(台湾・國立臺北藝術大學戲劇學院副教授、立教大学アジア地域研究所特任研究員)
発表タイトル「從興行到配給:日本戰爭期間的文化統治與移動演劇的活動(戦時下の文化統制と移動演劇の運営)」

羅  仕龍氏(台湾・國立清華大學中文學院副教授)
発表タイトル「摩登的末世感?─1940年代上海大眾戲劇裡的機器人與未來想像(モダンな末世感?─1940年代上海における大衆演劇のロボットと未来への想像)」

海   震氏(中国・中国戯曲学院特聘教授)
発表タイトル「新舊並存互補的『國劇』:『譚腔』記憶與『梅劇』創作的『二重奏』(新旧共存、補完し合う「国劇」:「譚腔」の記憶と「梅劇」の『二重奏』)」

洪  栄林氏(韓国・延世大学公演藝術研究中心研究員、漢陽大學中文系・講師)
発表タイトル「韓國大學路openrun演出的形成與生存模式(韓国大学路openrun上演の形成と生存モデル)」

王  楽水氏(立教大学大学院文学研究科超域文化学専攻・博士課程)
発表タイトル「戦前・戦中(一九三四~一九四四)の興行会社研究—東京興行界における松竹と東宝の角逐—」

藤崎  景氏(明治大学大学院文学研究科演劇学専攻博士後期課程)
発表タイトル「新派における「探偵劇」上演とそのメロドラマ性についての試論」

松本 俊樹氏(大阪大学大学院文学研究科演劇学研究室・コースアシスタント、(教務補佐員)、大阪音楽大学非常勤講師)
発表タイトル「宝塚国民座と宝塚歌劇における楠木正成表象の相違-堀正旗『大楠公』『桜井の駅』を例に—」

洪  唯薇氏(台湾・國立臺北藝術大學戲劇學院博士課程)
発表タイトル「輿論場到演出場——淺析1940年代的申曲改良(以文濱劇團為例)(言論の場から表現の場へ——1940年代の申曲の改良に関する初歩的分析(文濱劇團を例として)」

程  筱媛氏(台湾・國立臺北藝術大學戲劇學院博士課程、財團法人廖瓊枝歌仔戲文教基金會專案助理)
発表タイトル「共構通俗文藝市場:從小說、電影到京劇連臺本戲《火燒紅蓮寺》(通俗文芸市場を共に構築する:小説、映画から京劇の連続舞台『火焼紅蓮寺』まで)」

林  乃文氏(台湾・國立臺北藝術大學戲劇學院博士後研究員)
発表タイトル「『抒情傳統』與『現代性感知』的交錯敘事:以上海文明戲《空谷蘭》為例(『抒情の伝統』と『現代性の知覚』が交錯するナラティブ-上海文明劇『空谷蘭』を例として」

劉  建幗氏(台湾・臺灣藝術大學表演藝術研究所博士課程)
発表タイトル「編導奇巧劇團《鞍馬天狗》之大眾元素運用(奇巧劇団『鞍馬天狗』の脚色・演出における大衆的要素の運用)」

使用言語:
日本語・中国語(Webexの同時通訳機能使用)

主催:
台湾・國立臺北藝術大學、東亜大衆戯劇研究会(東アジア大衆演劇研究会)

共催:
立教大学アジア地域研究所、立教SFRプロジェクト共同研究「『東アジア文化圏』究基盤の構築—娯楽市場における『大衆』『演劇』『大衆演劇』から—」

対象:
教員、学生、研究者、一般

申込方法:
事前登録制。下記のリンクから登録してください。

問合先:
(中国語・英語)2021東亞大眾戲劇研究國際研討會籌備委員會召集人 徐 亞湘 担当助教 楊曜彰 yang2019@theatre.tnua.edu.tw
(日本語)立教大学アジア地域研究所 ajiken@rikkyo.ac.jp

刊行物

入手希望の方は、当研究所までご連絡ください。
年報 なじまぁ
なじまぁは、2010年度より研究所の年報として発刊しています。その年度に開催されたイベント(講演会、シンポジウム)をベースにしたものを特集とし、所員、研究員に授業の紹介や著書、研究報告などを寄稿してもらっています。
その他の刊行物

Proceedings -国際シンポジウム論文集-


  • 「移行する大衆演劇~人々の記憶の現像と制度の再建~」 論文集 細井尚子編著(2022.3.31発行)

  • 「東アジア文化圏の芸態にみる『大衆』~観念・実体・空間~」 論文集 細井尚子編著(2019.3.31発行)
  • 「近代日本」空間下の東アジア大衆演劇 論文集 細井尚子編著(2017.3.31発行)

Working Papers

  • No.16 21世紀アジアをめぐる海の国際政治-インド洋・ベンガル湾・南シナ海・東シナ海・太平洋(2016.9.30発行)

Occasional Papers

  • No.15 Regional States and the Identities of Overseas People(2019)
  • No.14 The Detritus of Empire: Images of "Japanese-ness"in Liberated Southern Koria,1945-1950(2009)
  • No.13 Anthropological Studies of Sago Palm in Papua New Guinea(2008)

その他

  • 立教大学所蔵 外邦図目録(2014.2.20発行)
「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」21世紀海域学の創成 成果報告書
平成25年~27年度にアジア地域研究所を推進母体とし実施された、文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」21世紀海域学の創成-「南洋」から南シナ海・インド洋・太平洋の現代的ビジョンへ-の研究プロジェクト成果報告書です。

お問い合わせ

立教大学アジア地域研究所

池袋キャンパスへのアクセス

Centre for Asian Area Studies

Ikebukuro Campus Map

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。