嘱託職員Bインタビュー
<総務部総務課>

長期休暇や時短勤務期間が多いワークスタイルが合っていた

子育てが落ち着いてきたので、これまでの職務経験を生かしながらフルタイムで働ける仕事を探していました。大学事務は未経験でしたが以前から興味があり、HP からこちらの募集を拝見しました。高校生の時に初めて訪れ、伝統ある美しい立教のキャンパスに感動したことを思い出し、ご縁があるならぜひこの環境の中で働いてみたいと思い応募しました。長期休暇や時短勤務期間が多いワークスタイルも自分には合っていたと思います。

日々の業務から多くの刺激を得られています

理事長や学院理事の秘書的業務がメインとなります。出張や会合の手配·精算業務、来訪者対応などを担当しています。 その他、総務課に係わる事務業務、学院主催の行事準備や当日運営なども行います。
総務課は学院全体の運営を総合的に支える部署で業務は多岐に渡ります。学生と直接係わる機会は少ないですが、学生が学ぶ環境をより良いものとするために、理事長をはじめ役員、職員の方々が様々な形で真摯に尽力されている姿を拝見し、日々多くの刺激をいただいています。

ワーキングスタイル

09:00~9:30 出勤 理事長室の準備、メールチェック、一日の予定確認
09:30~12:00 役員利用分の経費伝票起票、地元懇親会の招待者リスト・名札の作成
12:00~13:00 ランチ
13:00~15:00 役員の出張内容を確認、出張申請書・チケット申込書を作成し提出
15:00~16:00 学院来訪者のお出迎え、電報の手配、次週の理事長移動シミュレーション
16:00~17:00 理事長のスケジュール表入力、新聞・書簡・資料の整理
17:00 退勤

新しく学ぶことが多く、新鮮な気持ちで業務に取り組めます

役員の出張サポートは、申請代行・チケット手配・行程表作成と進めていきますが、適切な交通機関を選び、無理のない時間設定で確実に目的地に到着し、タイミングよく戻れるよう細心の注意を払わなければなりません。出張が問題なく無事に終わったとご報告をいただけると、とてもほっとします。その他にも常に何事も間違いのないよう調べ、細やかな気遣いを必要とする業務が多いので日々奮闘していますが、新しく学ぶことも多く新鮮です。未熟ですが少しでもお役に立てるよう努力していきたいと思います。

応募を検討中の方にひとこと

立教には蔦の絡まる本館をはじめ、素敵な建造物がたくさんあります。それらを彩るように四季折々の樹木が構内に配されているため、都心にもかかわらず季節の移り変わりを楽しみながらキャンパス内を歩くことができます。職場は穏やかな方が多く、初めてでも優しく教えてくださる環境が整っていますので、落ち着いた雰囲気で働きたい方にはお薦めです。ご一緒できるのを楽しみにしています。