2021/04/23 (FRI)プレスリリース

サンヨー食品株式会社 代表取締役社長 井田純一郎氏が立教大学客員教授に就任。
“JAPAN発食品文化の可能性”の共同研究を開始!!

キーワード:研究活動

OBJECTIVE.

サンヨー食品株式会社(東京都港区)代表取締役社長・井田純一郎は、2021年4月1日付けで立教大学経済学部(東京都豊島区、学部長:藤原新)客員教授に就任しました。これを機に、両者による、「JAPAN発食品文化の可能性」をテーマとした共同研究を2021年4月から2023年3月まで行います。

1.共同研究の背景・目的

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による世界的なパンデミックで、人々の働き方、企業活動に大きな変化が起きています。リモートワーク、巣ごもりが求められるようになり、「食」を含むライフスタイルにもさまざまな影響が及んでいます。そうした影響の1つとして調理機会の拡大を背景としたインスタントラーメンの消費量の増加が挙げられます。インスタントラーメンは、日本で誕生した食品ですが、スープや調味料などで様々なアレンジが加えられ、いまや1年間の世界消費量が約1,000億食を超える世界食となっています。現在、インスタントラーメンは、先進国はじめ新興国・途上国のBOPビジネスにつながる加工食品としても期待されています。立教大学とサンヨー食品は、このJAPAN発食品であるインスタントラーメンがこれまでの社会にどのような影響を与えてきたのか、これからの社会においてどのように受容されていくのか、そして、企業にはどのような取り組みが求められるのかを共同研究します。

2.共同研究の内容

  1. サンヨー食品社長自ら陣頭指揮
    2021年4月に立教大学経済学部客員教授に就任した井田純一郎社長は、全学共通科目「立教OBOGの「社長の履歴書」」を担当、また、自ら共同研究の指揮をとります。
  2. 学生の参加
    授業の一環として学生の視点から、インスタントラーメンを巡る新しい製品・サービスを創造することをめざします。

3.3つの検証

  1. インスタントラーメンの誕生から世界食品化への歴史的・文化的コンテクストからの検証
  2. インスタントラーメンメーカーの海外の市場開拓についてグローバリゼーションの観点からの検証
  3. インスタントラーメンメーカーの経営戦略や経営体制に関する内在的な検証