2021/01/18 (MON)

全学共通科目の多田多恵子兼任講師が松下幸之助花の万博記念賞「松下正治記念賞」を受賞

キーワード:研究活動

OBJECTIVE.

全学共通科目の多田多恵子兼任講師が、第29回松下幸之助花の万博記念賞「松下正治記念賞」を受賞しました。

松下幸之助花の万博記念賞は、「自然と人間との共生」という花の万博の基本理念の実現に貢献する、すぐれた学術研究や実践活動を顕彰するものです。
「松下正治記念賞」は、植物の保全・教育・園芸文化の普及継承や出版・創作・情報発信などを通じて社会に貢献した個人またはグループ1件に贈呈されます。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、第29回松下幸之助花の万博記念賞の贈呈式および講演会は来年度の第30回と同時開催される予定です。

コメント

COMMENT

兼任講師
多田多恵子

このたび植物生態の魅力の普及と教育への貢献が認められて栄誉ある賞をいただきました。本学で長く続けてきた、キャンパスの自然観察を織り込んだ全カリの講義と、大自然の中で過ごした博物館課程および全カリの宿泊型野外プログラムは、私にとっても貴重な学びと気づきの場でありました。上田恵介名誉教授と本学職員の皆様に深く感謝し、歴代の学生の皆さんにもありがとうと伝えたいです。
今年度はコロナ禍で美しいツタの校舎にも通えませんでしたが、またキャンパスを歩いて植物の魅力と未来に役立つ思考と知識をみなさんに伝えられるときが来ることを願いつつ、2022年の2月に延期された受賞式を待ちたいと思います。どうもありがとうございました。