2020/08/27 (THU)プレスリリース

立教大学・武蔵野銀行 産学連携プロジェクト
『ぶらって秩父まち歩きMAP~札所のトリコ~』
9/4、マップ完成披露・贈呈式開催@秩父市役所

キーワード:社会・地域連携

OBJECTIVE.

立教大学(東京都豊島区、総長:郭 洋春)は、株式会社武蔵野銀行(さいたま市、取締役頭取:長堀和正)との産学連携協定に基づき、埼玉県の観光による地域活性化「ぶらって埼玉プロジェクト」の一環として、埼玉県・秩父のまち歩きマップ『ぶらって秩父まち歩きMAP~札所のトリコ~』(以下『ぶらって秩父』)を制作。9月4日、秩父市役所にて『ぶらって秩父』マップ完成披露・贈呈式を開催します。

『ぶらって秩父』まち歩

まち歩きMAPとして8作目となる『ぶらって秩父』は、本学観光学部の学生16人が繰り返し現地に足を運び、トリコ(虜)になった「秩父札所34ヶ所観音霊場」をテーマに制作。主な札所の所在する秩父市は、池袋駅(西武)から特急で約80分とアクセスしやすい観光地で社寺や手つかずの自然など多くの魅力があります。制作にあたり札所になじみがなくても魅力を感じられるよう、あみだくじ診断やクイズを盛り込むことで親しみやすさを重視。また実際に体感した秩父地域のローカルな奥深さや魅力をイラストで取り入れ、「ドライブ」「ウォーキング」「ハイキング」の3つに巡り方をまとめています。本学を始め、武蔵野銀行、秩父市役所、秩父観光協会などで配布予定です。
※秩父札所34ヶ所観音霊場は、秩父市の他、秩父郡横瀬町、小鹿野町、皆野町に所在

【立教大学と武蔵野銀行との産学連携協定】
本学は2007年7月、埼玉県の地域活性化に貢献することを目的に武蔵野銀行と産学連携協定を締結しました。同協定に基づく具体的な取り組みとして、埼玉県の観光による地域活性化「ぶらって埼玉プロジェクト」を継続。本プロジェクトでは「まち歩き」等による地域活性化を目的として、『ぶらって幸手』(2008年度)、『ぶらって羽生』(2009年度)、『ぶらって行田』(2010年度)、『ぶらって加須』(2011年度)、『ぶらって氷川参道』(2013年初版、2017年第二版、2020年英語・中国語版)、『ぶらって新座』(2018年度)、『ぶらって小鹿野』(2019年度)のまち歩きMAPや、埼玉県をリードする人に着目した『ぶらって笑顔新聞』(2014年度)を制作しています。

『ぶらって秩父』マップ完成披露・贈呈式 概要

■日時:2020年9月4日(金)10:00~17:00頃(予定)
■場所:秩父市役所 本庁舎3階会議室(埼玉県秩父市熊木町8番15号)
■内容:
1.10:00~10:45 マップ完成披露・贈呈式
『ぶらって秩父』を披露し、本学と武蔵野銀行から秩父市へ贈呈する式典を開催します。
2.13:00頃~17:00頃(予定) 掲載施設へのマップ配布
式典終了後、『ぶらって秩父』掲載施設(一部)を訪問し、マップの完成を報告します。
■参加者(予定):
【立教大学】副総長(観光学部教授)・舛谷鋭、観光学部助教・西川亮、観光学部生、ほか
【秩父市】市長・久喜邦康、産業観光部観光課、ほか
【武蔵野銀行】取締役頭取・長堀和正、秩父支店長・武島健、ほか

※新型コロナウイルス感染症予防のため、感染対策と人数制限を講じたうえで完成披露・贈呈式を開催予定です。