2020/01/30 (THU)

オセアニア地域の大学生と本学学生が交流

キーワード:グローバル

OBJECTIVE.

1月17日(金)、オセアニア地域から23名の大学生が来訪し、在学生及び職員と交流しました。

オセアニア地域の大学生は外務省の対日理解促進プログラム「JENESYS2019」により来日しました。約10日間で「平和構築・歴史文化」をテーマに日本各地を訪問しつつ学びを深めるプログラムの一環として来訪。交流は国際交流・留学促進を目的に多彩なイベントを実施しているグローバルラウンジで行なわれ、在学生及び職員十数名が参加しました。

イベントは交換留学生による本学の紹介及び「日本留学で感じたカルチャーショック」をテーマにしたプレゼンテーションに始まり、オセアニア地域の大学生はニュージーランド、パプアニューギニア、ソロモン諸島の伝統的なダンスを歌や音楽を交えて披露。更にオセアニア地域の大学生と在学生及び職員でディスカッション、その後は図書館や第一食堂の見学ツアーが行われました。

参加した在学生は「オセアニアの大学生は、自分とものの見方や経験が異なっていたので、交流することでたくさんの学びがあった。参加して良かったと思う」と感想を述べていました。