2019/09/05 (THU)

現代心理学部の川越敏和助教らによる研究論文が『Human Brain Mapping』に掲載
~「何も考えていない」ときの神経相関を同定~

キーワード:研究活動

OBJECTIVE.

現代心理学部の川越敏和助教は島根大学医学部の小野田慶一講師、山口修平教授と共同で、「何も考えていない」こころの状態が意図的につくり出せること、またその際に特徴的な脳活動パターンが生じていることを発見し、その成果を「Human Brain Mapping」誌に報告しました。

論文概要

マインドブランキング (MB) とは、「何も考えていない」こころの状態で、頻度は少ないですが日常生活において確実に存在する現象です。ぼーっといろいろなことを考える「マインドワンダリング」とは独立した心理現象であることが報告されています。MBは発生頻度の低さから、調査が難しいとされてきました。

今回の研究では、実験参加者に対して「できるだけ何も考えないように」という教示を与えることでMBの生起率が増えることを見出し、MB中には言語を司るブローカ野と、記憶に関わりマインドワンダリングの責任領域の1つである海馬の活動が減少していることを発見しました。

この結果はMBにおいて内的な言語生成 (内言) が行われていない可能性を示唆し、こころが「無言」になることで「何も考えてない状態」がつくり出される、あるいは本人がそう認識することが明らかになりました。展望としては、例えばうつ病における反芻思考の抑制などにMBが応用できる可能性が挙げられます。

掲載情報

 タイトル

The neural correlates of “mind blanking”: When the mind goes away

 著者 Toshikazu Kawagoe, Keiichi Onoda, Shuhei Yamaguchi
 誌名 Human Brain Mapping