2017/10/06 (FRI)

Instagramの最高製品責任者らが本学を来訪、学生と交流

キーワード:その他

OBJECTIVE.

10月4日(水)、Instagramの最高製品責任者Kevin Weil氏らが本学池袋キャンパスへ来訪され、学生たちと交流しました。

Head of Product の Kevin Weil 氏(右)

Instagram(インスタグラム)は月間利用者数が8億人を超える、世界的に人気のあるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
写真や動画を簡単に投稿でき、他のユーザーと気軽にコミュニケーションを取ることができるのが特長で、日本でも若い世代を中心に月間2,000万人が利用しています。

立教大学は2014年にアカウントを開設。2017年3月に公式サイトを全面リニューアルしたことに伴い、Instagramに投稿した画像がトップページ上に表示される仕様になりました。今回の訪問は、Head of Product(製品部門のトップ)であるKevin Weil氏らがアメリカから来日するのに合わせてInstagram側から打診があり実現したもので、21名の学生たちとのセッション(意見交換)と学生が案内するキャンパス見学を行いました。

セッション(意見交換)では、Instagramの使用状況や使い方などについて、参加した学生たちからさまざまな意見や要望があがりました。中には日本ならではの使い方もあり、Weil氏らは興味深く聞いていました。

Weil氏からは、Twitterの開発責任者を務めていたご経験なども踏まえ、Instagramの現在の課題や今後の展望などについてもお話しいただき、学生たちは熱心に耳を傾けていました。

プレゼントのTシャツを手に

キャンパス見学(池袋図書館)

キャンパス見学(祈りの部屋)

キャンパス見学(第一食堂前)