ビジネスデザイン専攻ビジネスデザイン研究科/池袋キャンパス

OBJECTIVE.

事業構想を実現する創造的能力の育成を重視

本専攻では、企業経営を鳥瞰するための幅広い知識を提供し、事業構想を実現する創造的能力を育成します。カリキュラムは、修得したいスキルや学びたいテーマごとに関連する科目群から構成された「モジュール」として編成され、目的や興味に応じて履修できます。

専攻のポイント

  • 論理的思考と多角的視野を養う科目群

    カリキュラムで展開される科目は、ほとんどが基礎的科目であり、各自の専門領域を拡げ、論理的思考と多角的視野を養うのに役立ちます。必修科目のビジネスシミュレーションは、仮想ビジネスにおける戦略的意思決定をチームで探究し、論理的な分析力と創造的な構想力を育成します。また、具体的な企業や地域と連携して、ビジネスプランや地域の活性化プランを提案します。この他、金融機関との共同プログラムであるコンサルティング・メソッドでは、実際の中小企業の問題解決やビジネスプランの提案を行います。

  • 多様な人材のネットワーク形成

    アカデミックな教員と実務家教員のコラボレーション、そして大学院生相互の知的交流により創造的発想を喚起し、ビジネスに関する総合力を涵養します。大学院生の職業や専門知識のバックグラウンドは幅広く、そこから得難い知的刺激と多様な人材のネットワークが形成されます。

Pick
up

さまざまな共同プロジェクトを展開

ビジネスデザイン研究科では、教員の個人研究だけでなく、学内外スタッフなどと協力してさまざまな共同研究を実施しています。これまでに経済産業省(三菱総研経由)からの受託事業「技術経営(MOT)総合プログラム開発」や文部科学省の「オープン・リサーチ・センター整備事業」、「派遣型高度人材育成協同プラン」、「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」などに採択され、社会に貢献できる人材育成の実践的研究に取り組んできました。その他にも、日本経済新聞社や毎日新聞社との共同プログラム、飯能信用金庫や巣鴨信用金庫と連携した経営者育成プログラム、そして、ベトナムの経済発展に貢献するプロジェクトや国内の地方創成を目的にした地域ブランドマネージャー育成プロジェクト等を実施しています。ビジネスデザイン研究科ではこれ以外にも教員を中心とするさまざまなプロジェクトが計画され、研究科院生の参画できる共同プロジェクトが展開されています。

ビジネスデザイン専攻専任教員/研究テーマ *印の教員は、博士課程後期課程の研究指導は担当しません。

  • 安部 哲也 教授*

    主要研究テーマ:リーダーシップ論、起業家理論

    教員紹介

    中央大学法学部卒業、BOND大学大学院MBA。専門はリーダーシップ論、起業家理論など。パナソニック(株)にて、営業・マーケティング部門、海外貿易部門、香港駐在員などを経験。その後、EQパートナーズ(株)(日本・シンガポール・香港)を設立し、代表取締役に就任。国内外の企業・大学向けに経営者・リーダーシップ研修、グローバル人材研修などを実施。2005年度より同研究科にてリーダーシップ論1・2を担当。著書「ワールドクラス・リーダーシップ」(同友館)、“World Class leadership”(World Scientic)、「カルロスゴーン流リーダーシップ・コーチングのスキル」(あさ出版)など多数。多国籍企業学会、ビジネスクリエーター研究学会、ドラッカー学会などに所属。

  • 青淵 正幸 准教授

    主要研究テーマ:経営分析、企業価値、会計情報

    教員紹介

    専門は経営分析、企業評価、財務会計。主として会計情報を用いた企業価値評価の研究を行っている。様々な切り口によって企業をスクリーニングし、業種や規模、財務構造、地域性などの違いが株主価値の株価説明力にどのように影響しているかについて研究している。

  • 深見 嘉明 准教授

    主要研究テーマ:プラットフォーム戦略、技術標準化戦略

    教員紹介

    博士(政策・メディア)。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科単位取得退学。専門は情報通信技術、特にウェブやインターネット技術戦略、プラットフォーム戦略、標準化戦略。研究テーマはオープン標準を活用した技術戦略や、企業とコミュニティにおける協働を通じたイノベーション。特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ理事。一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構技術委員会委員、IPA共通語彙基盤ワーキンググループ委員、横浜オープンデータソリューション発展委員会理事を歴任し、ウェブ標準ならびに標準仕様に準拠したオープンデータの普及を推進している。同時に著書は『ウェブは菩薩である~メタデータが世界を変える』(NTT出版)、『創発経営のプラットホーム』(日本経済新聞出版社、共著)等。

  • 井潟 正彦 教授*

    主要研究テーマ:証券経済論

    教員紹介

    横浜国立大学経済学部卒業、シドニー大学MBA。野村総合研究所アセットマネジメント研究室長、野村ホールディングス経営企画部次長、野村資本市場研究所研究部長、執行役員などを経て同研究所常務(現職)。主な研究テーマは金融サービス会社の経営戦略、資産運用のビジネス・制度、市場型金融モデルの展望と課題。立教大学大学院経済学研究科兼任講師(02~14年)、関西学院大学商学部客員教授(08~14年)、芝浦工業大学MOT非常勤講師(07~15年)。金融審議会「我が国金融業の中長期的な在り方に関するワーキング・グループ」専門委員(11年6月~12年6月)、日本証券業協会「今後の社会構造の変化を見据えた証券税制等のあり方に関する懇談会」座長(11年11月~12年6月)、金融審議会「投資信託・投資法人法制の見直しに関するワーキング・グループ」専門委員(12年3月~12月)、経済産業省「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」会議メンバー(13年7月~14年8月)など。

  • 岩田 松雄 教授*(2019年3月退職予定)

    主要研究テーマ:人材開発論

    教員紹介

    大阪大学経済学部卒業。UCLAアンダーソンスクール卒業(MBA)。日産自動車入社にて、製造現場、セールスマンから財務に至るまで幅広く経験。外資系コンサルティング会社、コカ・コーラビバレッジサービス常務執行役員を経て、(株)アトラスの代表取締役に就任。3期連続赤字企業を再生。(株)イオンフォレスト「THE BODY SHOP」の代表取締役社長に就任。売上げ倍増。スターバックスコーヒージャパン(株)のCEOに就任。「100年後も輝くブランド」に向けて、安定成長へ方向修正。改革を実行し業績を向上。“専門経営者”として確固たる実績を上げてきた。産業革新機構に約1年間参加。現在リーダーシップコンサルティング代表。経営において「ミッション」や「リーダーシップ」の大切さを説く。UCLAよりAlumni 100 Points of Impactに選出される。著書『経営に必要な41の事』(中経出版)、『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』(サンマーク)、『ミッション』(アスコム)など著書多数。

  • 亀川 雅人 教授

    主要研究テーマ:経営学および企業経済学

    教員紹介

    経営学に関する多面的な研究を行う。企業論、起業家論、経営者論、そして、コーポレート・ファイナンスやコーポレート・ガバナンスなど広範な分野について研究する。その他、CSRやHRM、マーケティングなどの分野も、経済学と経営学の両面から考察する。

  • 木村 剛 教授

    主要研究テーマ:経営戦略論、企業変革論、ダイナミックケイパビリティ論

    教員紹介

    博士(経営管理)。防衛大学校卒業後、ダラス大学経営大学院にてMBA(国際経営学)取得。日本能率協会コンサルティングの後、GMアジア太平洋地域事業開発マネジャー、スント日本代表、アディダス戦略企画部長、クイックシルバー戦略企画ディレクター、DCシューズ北アジア地域統括マネジャーなど20年以上にわたり企業で勤務。中央大学ビジネススクールにてMBA(戦略)およびDBA取得。博士号取得後は、筑波大学国際室にて勤務。名古屋商科大学(2013~14年度)、青山学院大学(2014年度)非常勤講師、中央大学ビジネススクール客員教授(2016年度~)。国際戦略経営研究学会常任理事。経営行動科学学会、異文化経営学会、日本アクティブラーニング学会所属。専門は、経営戦略論、企業変革論、ダイナミックケイパビリティ論。論文は「変革時に埋め込まれた組織プロセスの進化と定着:日産自動車の事例を中心として」(戦略経営ジャーナル, Vol.3, No.3)など。

  • 黒木 龍三 教授(2019年3月退職予定)

    主要研究テーマ:マクロダイナミックス、金融不安定性、再生産

    教員紹介

    専門は現代経済学、金融理論と経済学史である。企業の投資行動と財務内容から、景気循環と負債累積の関係を分析。リーマンショックなど金融恐慌や、アベノミクスで話題のマクロ経済政策も中心テーマの一つ。多部門システムや動学的な利潤率均等化問題にも興味をもつ。

  • 枡谷 義雄 教授(2019年3月退職予定)

    主要研究テーマ:経営者支配論、グローバル経営戦略

    教員紹介

    主な研究領域は、グローバルビジネス研究(経営・競争戦略、組織論など)。現在は、実務と研究の双方から、日本企業のグローバル化の測定(経営戦略の評価など)とグローバル人材育成などの研究テーマに取り組んでいる。1989年立教大学経済学部経済学科卒業。総合商社勤務を経て、1998年から大手メーカーに勤務。2005年MBA(立教大学)。2008年Ph.D.(経営学)(立教大学)。

  • 中川 有紀子 教授*

    主要研究テーマ:人的資源管理論、キャリアデザイン論

    教員紹介

    人的資源管理論(国際人的資源管理論、ダイバーシティ論)、キャリアデザイン論、起業家育成指導。慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学。慶應義塾大学産業研究所研究員。早稲田大学トランスナショナルHRM研究所招聘研究員。三井信託銀行入社、米国野村證券、GE(ゼネラルエレクトリック)日本法人、日系食品メーカー海外人事部部長等、過去20年以上人事畑でキャリアを積む。Barack株式会社代表取締役。共著『ステークホルダーの経営学』(中央経済社)『企業の不条理』(中央経済社)『経営哲学の授業』(PHP研究所)『レジリエント・マネジメント』(ナカニシヤ出版)「女性管理職育成・登用をめぐるエージェンシー理論分析—日米韓3社の事例分析—」(経営哲学学会誌Vol.10)

    “The Effect of Women Managers and Gender Diversity on Firm Performance.”(Journal of Diversity Management May 2014,Vol 9)“The gender diversity–firm performance relationship by industry type, working hours, and inclusiveness:An empirical study of Japanese firms.”(Journal of Diversity Management May 2015,Vol10)

  • 並木 伸晃 教授

    主要研究テーマ:コーポレート・ガバナンス、国際ビジネス、競争戦略

    教員紹介

    現在研究しているテーマは、不況下の競争戦略。不況下の不安定な環境での企業の戦略を研究している。そのほかにも戦略に関するいろいろな研究を行っている。たとえば、コーポレート・ガバナンス、日本的経営の長所と短所、米国企業の海外輸出戦略、米国企業の競争戦略と輸出戦略の関係、日本的経営と能力主義の関係などに関心をもつ。また、系列、6大企業集団の企業の競争戦略への影響を研究している。

  • 野田 健太郎 教授

    主要研究テーマ:事業継続計画(BCP)、企業の社会的責任(CSR)

    教員紹介

    事業継続計画(BCP)、企業の社会的責任(CSR)、企業情報分析を専門領域とする。企業について財務的な観点だけではなく、BCPやCSRなどの非財務的な価値(無形資産)との関係性に関心がある。さらに財務・非財務を含めた統合的な企業価値評価を研究している。

  • 大山 利男 准教授

    主要研究テーマ:農業・食料分野における経済・社会構造、諸制度

    教員紹介

    研究テーマは、持続可能な農業を実現するための、農業経営・技術、加工・流通管理、それを可能とする社会経済制度である。また「農場からテーブルまで」をトータルに管理しようとするフードシステム論は有効なアプローチであり、食品安全の確保にくわえて、付加される情報が新たな価値を生み出しているからである。おもに日本、米国、スイスの有機農業を対象に、農業経営や表示認証制度等について実証的研究をしている。

  • 沢柳 知彦 教授*

    主要研究テーマ:ホテル投資、ホテルマネジメント契約、ホテルアセットマネジメント

    教員紹介

    一橋大学経済学部卒業。米国コーネル大学ホテル経営学部修士課程終了。日本長期信用銀行、グリニッチナットウエスト証券を経て、2000年よりジョーンズラングラサール ホテルズ&ホスピタリティグループ。現在、ジョーンズラングラサール株式会社取締役。2006年より、立教大学観光学部ホスピタリティマネジメント講座非常勤講師。経済産業省、総務省、文部科学省、観光庁などの専門委員会委員歴任。共著に「ホスピタリティ・マネジメント(生産性出版)」「タイプ別ホテル事業の投資評価・再生実務資料集(総合ユニコム)」、翻訳協力に「米国ホテル会計基準(税務経理協会)」など。専門は、ホテル投資、ホテルマネジメント契約、ホテルアセットマネジメント。

  • 庄司 貴行 教授

    主要研究テーマ:観光グローバル人材研究

    教員紹介

    観光産業の産業社会学的および経営組織論的分析とその国際比較を主要な研究テーマとしている。中でも人々の働き方、協働のあり方に注目し、それに影響を与える雇用関連法や資格制度、ならびに組織としての雇用制度・慣行や個人としての就労意識やキャリア概念などを視野に入れながら、観光産業をシステムとして分析することをめざしている。

  • 高岡 美佳 教授

    主要研究テーマ:流通システム論

    教員紹介

    流通が果たす社会的・経済的役割について考察する。また、日本における小売業態(百貨店、スーパー、コンビニ、専門店、SCなど)の変遷や、小売企業間競争の構造などについて、企業間関係論をベースとして理論的・実証的に分析する。この他、流通小売企業が商品を販売する際に、適時に適切なメディアを用いて適切な内容の情報を提供するためのマーケティングコミュニケーション戦略についても研究している。

  • 瀧澤 哲夫 教授*(2019年3月退職予定)

    主要研究テーマ:マーケティング、インターネットビジネス

    教員紹介

    専門はマーケティング、インターネットビジネス、ビジネスプランニング、米国流通。特任教授として半分の時間をリアルなビジネス社会で過ごす。社会環境の変化によりマーケティングは進化する。アカデミックな研究を基本としつつも、現実のリアルな世界を同時かつ複眼的に研究し討論することでマーケティングをライブに捉えることが可能になる。そうした視点と経験をビジネスデザイン研究にも活かしていく。

  • 田中 道昭 教授*

    主要研究テーマ:企業戦略、マーケティング戦略、企業財務

    教員紹介

    シカゴ大学経営大学院MBA。専門は企業戦略&マーケティング戦略及びミッション・マネジメント&リーダーシップ。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任し、現在は株式会社マージングポイント代表取締役社長。小売、流通、製造業、サービス業、医療・介護、金融、証券、保険、テクノロジーなど多業種に対するコンサルティング経験をもとに、「東洋経済オンライン」、「プレジデントオンライン」、「ニューズウイーク日本版オンライン」等にも定期的に執筆中。主な著書に『ミッションの経営学』、『人と組織 リーダーシップの経営学』(両書とも、すばる舎リンケージ)、『アマゾンが描く2022の世界—すべての業界を震撼させるベゾスの大戦略』(PHP研究所)、『あしたの履歴書—目標をもつ勇気は、進化する力となる』(ダイヤモンド社、共著)がある。

  • 冨田 賢 教授

    主要研究テーマ:新規事業立ち上げ、企業間アライアンス、人工知能やIoT(Internet of Things)のビジネス利用、ベンチャーキャピタル投資、中小ベンチャー企業経営

    教員紹介

    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科・後期博士課程修了、博士(Ph.D.)取得。京都大学大学院経済学研究科・修士課程修了、経済学修士。米国系銀行を経て、独立系VCの創業に参画し、投資先ベンチャー及び自社VCの上場(IPO)を達成。元・大阪市立大学大学院・専任講師。アライアンスによる新規事業立ち上げを中心とした経営コンサルティング会社の社長として、約10年で180社以上の実績。IoTやAI活用に注力。ベンチャーキャピタル・ファンドも運用。著書に『新規事業立ち上げの教科書 ~ビジネスリーダーが身につけるべき最強スキル』、『IoT時代のアライアンス戦略 ~人工知能の進化とマッチング数理モデルの提案』、『世界のエリートが教えるちょっとした仕事の心がけ』など5冊。この約3年でアライアンスの数理モデルや新製品開発に関する論文を、米国及び日本の学会に7本投稿。Academy of Managemant、British AoM、日本ベンチャー学会等に所属。慶應義塾大学SFC研究所・上席所員。『日経ビジネス』等での講演も多数。

  • 山中 伸彦 教授

    主要研究テーマ:経営組織論

    教員紹介

    経営組織論を専門としており、組織における権力現象とポリティクスに関する理論的研究、企業の創造的能力と経営組織のあり方に関する理論的・実証的研究が現在の研究課題である。既存の学説に関する批判的検討を踏まえて、経営者のあり方、企業組織のデザイン、従業員の創造的活動との関連に焦点を当てて調査、分析を試みている。主な業績として「21世紀型中小企業と我が国中小企業の組織革新─中同協『企業変革支援プログラム』Step1回答企業に関する分析─」(『企業環境研究年報』第18号、2013年)「資源依存パースペクティヴに見る権力研究の理論的課題:批判的解釈理論からの検討」(『組織科学』第45巻3号、2012年)、「従業員の創造的活動と組織デザイン」(『立教ビジネスレビュー』第3号、2010年)など。

  • 西村 剛 教授*

    主要研究テーマ:大西洋市場におけるグローバルアライアンスの戦略展開、エアラインビジネスに有用な経営戦略とホスピタリティマネジメント、わが国サービス産業の国際生産性比較指標の研究(質的比較を目指して)、我が国国際観光市場におけるLCCと現代クルーズの展開

    教員紹介

    1978年慶應義塾大学経済学部卒業後、ANA入社。人事部、経営企画部、販売、ロンドン支店等に勤務後、2006年神戸大学に転籍し、経営学部兼大学院経営学研究科准教授。2009年ANAに復籍し2010年ANA総合研究所に在籍し、立教大観光学部、和歌山大学観光学部、多摩大学グローバルスタディ学部、立命館大国際関係学部、日本大学経済学部、神戸大経営学部の非常勤講師を歴任。所属学会・団体は、日本交通学会、日本海運経済学会(理事)、日本観光研究学会、関西空港調査会、神戸大現代経営学研究所。著書は、『観光経営学』(共著)、『交通インフラの多様性』(共著)。論文は、「LCCビジネスシステムとは?」(季刊ビジネスインサイト第22巻2号)、「新幹線と航空の競合関係の推移と訪日外国人(インバウンド)増加の与える影響について」(土木計画学研究論文集第32巻)など。専門は交通経済学、観光交通論、サービス経営学。