立教大学 スーパーグローバル大学構想
世界で際立つ大学への改革
  • グローバルリベラルアーツ
  • ×
  • リーダーシップ教育
  • ×
  • 自己変革力
menu

構想の概要構想の概要

日本の大学の国際化を牽引する創造性、展開性、自己変革力のある大学

改革の柱となるのは、「カリキュラム」の改革、「学生の意識」の改革、「ガバナンス」の改革です。
2014年5月に公表した本学の国際化戦略「Rikkyo Global 24」に示した24の方策を基盤として、この3つの改革を実践していきます。

Rikkyo Global 24

「カリキュラム」の改革

  • 「グローバル教養副専攻」の開設
  • 「グローバル・リベラルアーツプログラム(GLAP)」の開設
  • 英語コースとダブル・ディグリー・プログラムの拡充
  • 英語による国際連携大学院プログラムの実施
  • リベラルアーツコンソーシアムの構築

アジアでトップレベルの「グローバル人材育成・高等教育センター」として機能

「学生の意識」の改革

  • 全1年次生が「学びの技法」「学びの精神」を修得
  • 正課授業に加え、正課外活動へもリーダーシップ・プログラムを拡大
  • 海外プログラム等正課外教育の拡充
  • 全学生を対象とする異文化交流環境の充実

持続的・加速的なグローバル人材育成を可能とする「学生の意識」の改革

「ガバナンス」の改革

  • 総長のリーダーシップを発揮できる組織・制度の確立
  • 教員、職員とも、優れた人材を登用できる人事制度の改革
  • 国際的に通用するカリキュラム体系、厳格な成績評価、4学期制の導入
  • グローバル人材としての素養を持つ志願者を募るための入試改革
  • 中退率、卒業率、卒業生の進路および構想の進捗状況などの教育情報を公開

グローバル人材育成を大学全体で持続的かつ効果的に推進することができる「大学組織」の構築と、大学全体のインフラ整備