公開シンポジウム「レヴィナスとメルロ=ポンティ:身体と世界(Levinas et Merleau-Ponty, le corps et le monde)」

INFORMATION

  • 2022年7月7日(木)2:00~7月12日(火)19:00
  • フランス、スリジー国際文化研究センター(2 Le Château, 50210 CERISY-LA-SALLE, France)

本シンポジウムは、フランス北西部スリジー・ラ・サールに位置するスリジー国際文化研究センターにおいて開催される哲学分野における日仏合同の国際シンポジウムである。スリジー国際文化研究センターは、これまでM・ハイデガー、J・デリダ、E・レヴィナスをはじめとする20世紀を代表する哲学者本人を招待した大型のシンポジウムを定期的に開催しており、フランスにおける人文学研究における滞在型のシンポジウム会場として名を轟かせてきたところである。

今回のシンポジウムは、フランス側の代表をパリ東大学で哲学・倫理学を講じるコリーヌ・ペルションが、日本側の代表を渡名喜庸哲(立教大学)が務め、①フランス現象学を代表する二人の哲学者であるエマニュエル・レヴィナスとモーリス・メルロ=ポンティの二人を主題した最新の研究成果を発表・意見交換をし、②かつ日欧の中心的な哲学研究者の交流を図り、今後のいっそう有機的な国際的な研究基盤形成を確立することを目的とする。

プログラムとしては、レヴィナスとメルロ=ポンティというフランス現象学を代表する二人の哲学者のキーワードと言える「他者」と「身体」を主軸に据え、「言語」や「政治」といった従来から重視されてきたテーマも取り入れつつ、近年の新たな研究動向を踏まえ、「エコロジー」、「ケア」、「傷つきやすさ」、「エコノミー」、動物やロボットといった「非人間」との関係といったテーマをも勢力的に盛り込んだセッションを複数設ける。また、会場となるスリジー国際文化研究センターの近郊にはIMEC(国立フランス現代出版資料研究所)という、現代フランスの思想家・作家らの遺稿を管理する国立文書館がある。そこにはレヴィナスの遺稿のほか、ジャック・デリダやアンドレ・ゴルツといった、本シンポジウムにも関連する思想家の遺稿も収められているため、IMECを会場にしたセッションをも設ける予定である。

本学文学部教育学科教授
河野 哲也
文学部文学部文学科フランス文学専修
澤田 直
明治大学文学部教授、文学部長
合田 正人(ごうだ まさと) 氏

レヴィナスをはじめとする現代フランス哲学、ユダヤ思想、日本哲学を専門とする。主著に『レヴィナスの思想 希望の揺籃』。

大阪大学大学院人間科学研究科教授
村上 靖彦(むらかみ やすひこ) 氏

レヴィナスをはじめとする現代哲学・現象学のほか、精神病理学、介護や児童福祉に関する質的研究に携わる。主著に『レヴィナス 壊れものとしての人間』。

京都大学大学院文学研究科教授
杉村 靖彦(すぎむら やすひこ) 氏

ポール・リクールをはじめとする現代フランス哲学、宗教思想および日本思想を専門とする。主著に『ポール・リクールの思想 意味の探索』。

東京大学准教授
藤岡 俊博(ふじおか としひろ) 氏

東京大学大学院総合文化研究科准教授。レヴィナスをはじめとする現代フランス哲学、思想史を専門とする。主著に『レヴィナスと「場所」の倫理』。

東北大学准教授
澤田 哲生(さわだ てつお) 氏

東北大学教育学研究科・准教授。メルロ=ポンティをはじめとする現代フランス哲学・現象学・精神病理学を専門とする。主著に『メルロ=ポンティと病理の現象学』。

早稲田大学准教授
長坂 真澄(ながさか ますみ) 氏

早稲田大学国際教養学部准教授。レヴィナス、デリダ、ドイツ観念論等の近現代ヨーロッパ思想を専門とする。主著(共編書)に『個と普遍 レヴィナス哲学の新たな広がり』。

文学部文学科文芸・思想専修准教授
渡名喜 庸哲
仏・ギュスタヴ・エッフェル大学(旧パリ東大学)教授
コリーヌ・ペルション(Corine Pelluchon) 氏

政治哲学・生命倫理学・環境倫理学を専攻。主著に『糧 政治的身体の哲学』(邦訳)。

仏・社会科学高等研究院名誉教授
オギュスタン・ベルク(Augustin Berque) 氏

地理学者・東洋学者。日本の「風土」概念をヨーロッパに普及。
欧州学士院会員。元日仏会館館長。旭日中綬章。主著に『風土の日本』(邦訳)

仏・ソルボンヌ(パリ第4)大学名誉教授
ジャン=リュック・マリオン(Jean-Luc Marion) 氏

アカデミーフランセーズ会員。現象学、中世哲学(デカルト)、神学を専門とする。主著に『還元と贈与:フッサール,ハイデガー現象学論攷』(邦訳)。

仏・ソルボンヌ大学教授
ダニエル・コーエン=レヴィナス(Danielle Cohen-Levinas) 氏

音楽学、フランス哲学、ユダヤ思想を専門とする。エマニュエル・レヴィナスの息子の妻にあたる。主な業績に『レヴィナス著作集』編纂。

仏・ソルボンヌ(パリ第1)大学教授
ジョスラン・ブノワ(Jocelyn Benoist) 氏

現象学・分析哲学を専門とする。主著に『志向性の限界 現象学的・分析哲学的探究』(未邦訳)

仏・パリ西大学教授
フランソワ=ダヴィッド・セバー(François-David Sebbah) 氏

現代フランス哲学・技術哲学を専門とする。主著に『限界の試練: デリダ、アンリ、レヴィナスと現象学』(邦訳)

仏・国立科学研究センター研究員
エマニュエル・ド・サントーベール(Emmanuel de Saint-Aubert) 氏

パリの高等師範学校附属のフッサール文庫研究部門長を務める。メルロ=ポンティ研究を専門とする。主著に『存在と肉』(未邦訳)

仏・国立科学研究センター研究員
ドロテ・ルグラン(Dorothée Legrand) 氏

精神分析学および現代哲学を専門とする。主著に『不在を書く:夜の淵で』(未邦訳)

仏・ラヴォワジエ高校教諭
クレール・ドドマン(Claire Dodeman) 氏

哲学博士(カーン大学)。メルロ=ポンティ研究を専門とする。主な業績に、主な業績に『モーリス・メルロ=ポンティの哲学におけるアンガジュマンと実存』(博士論文)

仏・レヴィナス研究所所員
ジル・アニュス(Gilles Hanus) 氏

同研究書が公刊する学術雑誌『エマニュエル・レヴィナス研究手帖』の編集長を務める。主著に『哲学から逃れる?レヴィナス読解』(未邦訳)

独・ボン大学教授
マルクス・ガブリエル(Markus Gabriel) 氏

ドイツ近現代哲学を専門とする。哲学に関する一般書も多く公刊し、『新実存主義』をはじめ邦訳書も多数ある。

伊・ローマサピエンツァ大学准教授
オリエッタ・オンブロージ(Orietta Ombrosi) 氏

現代哲学、社会思想を専門とする。主著に『理性の黄昏 破局の試練に直面したベンヤミン、アドルノ、ホルクハイマー、レヴィナス』(未邦訳)

蘭・ラドバウド大学准教授
アナベル・デュフルク(Anabelle Dufourque) 氏

現代哲学、動物倫理を専門とする。主著に『動物の想像界』(未邦訳)。

詳細情報

名称

公開シンポジウム「レヴィナスとメルロ=ポンティ:身体と世界(Levinas et Merleau-Ponty, le corps et le monde)」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 必要
  • 参加費 無料

以下のwebサイトよりお申し込みください。

共催

立教大学文学部、パリ東大学(ギュスタヴ・エッフェル大学)

お問い合わせ

文学部文学科文芸・思想専修准教授
渡名喜 庸哲

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。