公開講演会「『新青年』研究後悔記」」(動画公開期間:2021/12/15~2022/2/28)

INFORMATION

  • 2021年12月15日(水)
  • オンライン開催

江戸川乱歩記念大衆文化研究センターでは、乱歩及び大衆文化に関連する講演会を毎年開催し、研究の社会還元を行ってきました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、昨年同様本年度もオンライン講演会での開催を企画しております。今年度は、国内外の探偵小説を紹介していた雑誌『新青年』とその時代の文芸・文化を愛好し研究する「『新青年』研究会」の会員としても活動する浜田雄介氏を講演者に迎え、「『新青年』研究後悔記」と題し、江戸川乱歩をはじめ多くの探偵小説作家を輩出した雑誌『新青年』をめぐり、35年前の研究会発足から今年春の神奈川近代文学館「永遠に『新青年』なるもの」展企画までのあれこれをお話いただく講演内容となっています。講演のほか、オンラインを通じて、本学の石川巧教授と対談も行い、12月15日からその様子をインターネットにて期間限定公開する予定です。ネット配信によって従来の講演よりも幅広い層を取り込め、また関心を持ってもらえるものと期待しています。

講師、対談者

講師

成蹊大学文学部教授
浜田 雄介 氏

1959年愛知県生まれ。成蹊大学文学部教授。『新青年』研究会会員。東京大学大学院博士課程中退。駿河台大学現代文化学部教授を経て、現職。専門は近代日本文学。編著に『江戸川乱歩作品集』(岩波文庫)、『子不語の夢』(皓星社)、共著に『昭和文化のダイナミクス』(ミネルヴァ書房)、『怪異を魅せる』(青弓社)など。

対談者

本学文学部文学科日本文学専修教授、江戸川乱歩記念大衆文化研究センター長
石川 巧

司会

江戸川乱歩記念大衆研究センター助教
丹羽 みさと

詳細情報

名称

公開講演会「『新青年』研究後悔記」」(動画公開期間:2021/12/15~2022/2/28)

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

江戸川乱歩記念大衆文化研究センター

備考

YouTubeで公開予定
※公開期間:2021/12/15~2022/2/28

お問い合わせ

江戸川乱歩記念大衆文化研究センター助教
丹羽 みさと