第84回ジェンダーセッション「フェミニズム、クィア、キリスト教」

INFORMATION

  • 2021年10月15日(金)18:30~20:00
  • オンライン開催

フェミニズムとクィア、この二つの視座をどのように位置づけることができるでしょうか。たとえば「フェミニズムは古く、クィアは新しい」という認識や、「フェミニズムは『女性』のこと、クィアは『性的マイノリティ』のことを扱う」という理解、あるいは「フェミニズムはアイデンティティ・ポリティクス、クィアは反アイデンティティ」との印象を持つ人もいるかもしれません。時折耳にするこうした認識について、少し立ち止まって考えてみたいと思います。今回手がかりにするのは、「フェミニスト神学」と「クィア神学」と呼ばれるキリスト教思想です。これらの思想に現れた事例を紹介しつつ、両者の関係性を考察します。

講師

明治学院大学キリスト教研究所客員研究員
工藤 万里江 氏

同志社大学神学部卒業、同大学大学院神学研究科修了(修士)、米国Pacific School of Religion修了(Master of Theology)、立教大学大学院キリスト教学研究科修了(博士〔神学〕)。専門はジェンダー、セクシュアリティとキリスト教。研究の傍らキリスト教月刊誌『福音と世界』(新教出版社)の編集にも携わる。訳書P. チェン『ラディカル・ラブ——クィア神学入門』(新教出版社、2014年)他、論文「『クィア神学』における女性神学者たちの思想研究——フェミニズムとクィアの接点あるいは衝突」立教大学ジェンダーフォーラム『ジェンダーフォーラム年報』第20号(2019年)他。

詳細情報

名称

第84回ジェンダーセッション「フェミニズム、クィア、キリスト教」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 必要
  • 参加費 無料

【申込締切】
2021年10月14日(木)
【定員】
500名(定員に達し次第、お申し込みを締め切らせていただきます)

以下のwebサイトよりお申し込みください。

主催

ジェンダーフォーラム

備考

お問い合わせ

ジェンダーフォーラム事務局