公開講演会「鄭敬謨(チョンギョンモ)さんのあゆみと時代」

INFORMATION

  • 2021年10月6日(水)18:30~20:30
  • オンライン開催

2021年2月16日に亡くなられた在日韓国人鄭敬謨(チョンギョンモ)さんは1970年代から韓国民主化運動を日本に伝え、多くの在日韓国人や日本人に影響を与えた。日本語にも堪能で、米国の朝鮮半島研究者ブルース・カミングス〈シカゴ大学教授〉の大著『朝鮮戦争の起源』や、韓国の作家黄皙瑛の『張吉山』など、多くの著作を日本語に翻訳する業績を残した。また、1989年には韓国の牧師文益煥氏とともに訪朝して金日成主席と対面し、南北朝鮮の和解について話し合った。鄭敬謨さんの時代とそのあゆみを講演者に語っていただく。

講師

津田塾大学名誉教授
林 哲 氏(イム・チョル)

1946年ソウル生まれ。早稲田大学第一政経学部、東京大学大学院社会学研究科国際関係論博士課程修了。津田塾大学学芸学部教授となり2013年に定年退職後、同大学名誉教授。著書に『東アジア現代史』(共著、有斐閣、1990年)、訳書にブルース・カミングス『朝鮮戦争の起源』(共訳、影書房、2012年)など多数。

詳細情報

名称

公開講演会「鄭敬謨(チョンギョンモ)さんのあゆみと時代」

内容

林 哲 氏
「亡命運動家鄭敬謨先生の生涯と時代」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 必要
  • 参加費 無料

事前登録制。下記よりお申込みください。

主催

平和・コミュニティ研究機構

お問い合わせ

外国語教育研究センター
佐々木 正徳