第41回日本貿易陶磁研究集会「最近の話題の遺跡・注目される研究から」

INFORMATION

  • 2021年9月19日(日)9:30~17:00
  • オンライン開催

新型コロナ感染症の影響で、移動や面会などが制限され、貿易陶磁研究に関わる情報共有が困難な状況にある。一方、遺跡の発掘調査や調査報告書の刊行は、これまで通り行われており、コロナ禍において発信された、最近の話題の遺跡や注目される研究にスポットを当て、議論を深める機会としたい。

発表者

福岡市埋蔵文化財課
岩熊 拓人(いわくま たくと) 氏

研究分野:日本考古学、縄文時代の石斧、中世の貿易陶磁器、福岡市顕孝寺遺跡などの調査、報告に携わる。

かながわ考古学財団
山口 正紀(やまぐち まさのり) 氏

研究分野:中世都市鎌倉の研究、鎌倉市名越ヶ谷遺跡など多くの鎌倉の発掘調査研究を行う。

勝山市教育委員会 史蹟・文化課
阿部 来(あべ らい) 氏

研究分野:中世山岳寺院、都市の研究、福井県白山平泉寺の発掘調査、研究を行っている。

天草市文化課
中山 圭(なかやま けい) 氏

研究分野:中世城郭・陶磁器研究、天草市本渡城・上津浦城・棚底城などの中世城郭の発掘調査・研究を行っている。

国立歴史民俗博物館
村木 二郎(むらき じろう) 氏

研究分野:日本中世社会の考古学研究、中世における陶磁器や金属製品の物流・交通などが主テーマ研究を行っている。

東京大学埋蔵文化財調査室
堀内 秀樹(ほりうち ひでき) 氏

研究分野:近世考古学、都市考古学、近世の陶磁器流通・消費に関するテーマで研究を行う。

詳細情報

名称

第41回日本貿易陶磁研究集会「最近の話題の遺跡・注目される研究から」

内容

岩熊 拓人 氏
「博多遺跡群第221次調査出土の貿易陶磁」
山口 正紀 氏
「神奈川県伊勢原市の中世遺跡」
阿部 来 氏
「白山平泉寺の陶磁器」
中山 圭 氏
「菊池氏関連遺跡「隈府土井ノ外遺跡」の貿易陶磁器」
村木 二郎 氏
「陶磁器からみた先島の集落遺跡と琉球帝国」
堀内 秀樹 氏
「江戸遺跡出土の貿易陶磁器の数量分析」

申し込み

  • 事前申し込み 必要
  • 参加費 無料

以下のwebサイトよりお申し込みください。

主催

日本貿易陶磁研究会

共催

アジア地域研究所

お問い合わせ

日本貿易陶磁研究会

アジア地域研究所