立教大学理学部 中高生チャレンジ★ラボ

INFORMATION

  • 8月5日(木)13:00~16:00、8月6日(金)10:30~12:30 または 13:30~15:30
  • オンライン

下記の要領で「立教大学理学部 中高生チャレンジ★ラボ」をオンラインで実施します。2日間のプログラムとなっており、同志社大学が主催する「ガールズサイエンスキャンプ2021」とのコラボレーションを企画しています。

理学部物理学科 北本俊二 教授

詳細情報

名称

立教大学理学部 中高生チャレンジ★ラボ

内容

【実施日】
8月5日(木)13:00~16:00、8月6日(金)10:30~12:30 または 13:30~15:30

【実施形態】
オンライン(Zoomを使用します。オンライン接続可能なPC環境をご準備ください)

【実施内容】
8月5日(木) 13:00~16:00
集合・担当者ご挨拶・概要説明
女子大学院生OGや企業エンジニアによる仕事・研究紹介とディスカッション
(同志社大学主催の「ガールズサイエンスキャンプ2021」と合同開催となります。詳細は備考欄のリンク先参照)

8月6日(金) 下記のいずれかを選択していただきます(両方の参加も受け付けますが、応募状況に応じてどちらか1つの参加とさせていただく場合がございます)。

「光の不思議と宇宙の不思議」(理学部物理学科 北本俊二 教授)
時間:10:30~12:30
定員:5名程度(中高生対象ですが、保証人の方も傍でご覧いただけます)
内容:宇宙を研究すると、不思議なことがいっぱいです。ブラックホールや、中性子星など不思議な天体がいっぱいあります。最近では重力波が実際に検出できたり、ブラックホールの影を撮像できたりしています。重力により、遠くの天体が歪んで観測される重力レンズも興味ある現象です。最近の話題を紹介するとともに、重力レンズとはどういうものか、模擬体験してみましょう!

「美しき化学の世界 Part Ⅲ 〜色で分かる酸化還元反応〜」(理学部化学科 和田亨 教授)
時間:13:30~15:30
定員:5名程度(中高生対象ですが、保証人の方も傍でご覧いただけます)
内容:「色」は沢山の情報を教えてくれます。今回は、基本的な化学反応である「酸化反応」と「還元反応」の進行度合いを色の変化で観察します。急に色が変化する不思議をオンライン実験で体感しよう!

【応募】(〆切:7/28必着)
「申し込み」欄にある申し込みフォームにて、必要事項を記載してご応募ください。

対象者

中学生、高校生

申し込み

  • 事前申し込み 要
  • 参加費 無料

注1:応募者多数の場合は抽選させていただきます。応募の際に記入した情報は適切に破棄いたします。
注2:企画調整中ですので時間は目安としてください。当日の詳細なスケジュールは参加当選者にお伝えいたします。