公開講演会「コロナ禍におけるウエルネスレベル・体力レベルの維持・増進について実技を交えながら考える」

INFORMATION

  • 2021年7月12日(月)19:00~20:30
  • オンライン開催

野口径大氏は長らく続くコロナ禍の中で、日々、自ら代表を務められる東中野はりきゅう整骨院SPORTSLABにおいて、様々なウエルネスレベル・体力レベルの患者と向き合い、治療にあたられています。本講演会では、コロナウイルス収束の目途が立たない状況下において、これまでのスポーツトレーナー・鍼灸師・柔道整復師としての経験の蓄積の中から、広く「健康」を維持・増進するためのノウハウ、例えば、毎日の生活の中ですぐに実践できる方法や考え方について、実技を交えながらご講義いただきます。

講師

東中野はりきゅう整骨院SPORTSLAB代表、スポーツトレーナー・鍼灸師・柔道整復師
野口 径大(のぐち けいた) 氏

呉竹学園東京医療専門学校2009年(平成21)卒業。
一般患者の他、国内の国際大会級選手だけでなく海外選手からの依頼も受ける。また、日本の大学病院等の機関にてスポーツ科学・不定愁訴・後遺症や合併症等の研究に従事している。早期復帰の治療だけでなく、きれいに治し使える体にすることを得意とする。トレーニングを無駄なく競技に活かす為の「体の使い方・動きづくり」に注力する。
著書:『ながら筋膜リリース』(あさ出版、2017年(阿保義久氏 医師)監修)
(備考:2020年、台湾版及び韓国版が出版)

『ながら筋膜リリース』詳細はこちら

詳細情報

名称

公開講演会「コロナ禍におけるウエルネスレベル・体力レベルの維持・増進について実技を交えながら考える」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 要
  • 参加費 無料

以下のwebサイトよりお申し込みください。

主催

ウエルネス研究所

共催

学生部

お問い合わせ

ウエルネス研究所所員、コミュニティ福祉学部教授
佐野 信子