公開講演会「AMLO政権下メキシコにおける政治経済情勢と自動車産業の現状」

INFORMATION

  • 2021年3月13日(土)10:00~12:00
  • オンライン開催

米国とメキシコの関係を経済の面から考察する。岡部拓氏が、米国・メキシコ・カナダ協定がメキシコ経済に与えた影響について日系自動車産業の現状に触れながらメキシコより講演する。一方、林和宏氏はメキシコ政府の外交政策が日系の製造業に与えた影響について講演する。両者の講演を受け、Adolfo Laborde氏からコメントを受ける。

講師

グアダラハラ大学(UDG、メキシコ)経済経営学部教授
岡部 拓(おかべ たく) 氏

2002年成城大学大学院法学研究科博士号(法学)取得。2003年グアダラハラ大学法学大学院修士課程に進学。2005年修了後、同大学経済経営学部・地域研究学科で勤務を始め、現在同大学経済経営学部教授。2008年に同大学で「日墨研究プログラム(Programa de Estudios México-Japón: PROMEJ)」を創設し、計7名の研究者で経済・文化・法律の学際的研究を行う。専門は商法、ラテンアメリカ法、比較法。研究業績として「ラテンアメリカの私法統一の展望—米州動産担保モデル法を中心に—」『国際ルール形成と開発途上国』(アジア経済研究所、2007年)、Sistema de garantía del financiamiento para pymes: enfocando las sociedades de garantía recíproca de Argentina (Universidad de Guadalajara, 2012)、"Perspectiva de la industria automotriz bajo las reglas de origen del T-MEC" Revista comercio exterior, No. 22 (2020)などがある。

京都外国語大学客員研究員
林 和宏(はやし かずひろ) 氏

筑波大学大学院修士課程地域研究研究科修了(地域研究)、日墨交流計画奨学金およびメキシコ政府奨学金を得てメキシコ国立自治大学大学院に留学(哲文学研究科博士後期課程中退)。在ベネズエラ大使館専門調査員、在ホンジュラス大使館専門調査員を経て、メキシコシティおよびバヒオ地区にて日系企業勤務後に帰国。現在、京都外国語大学客員研究員。専門はラテンアメリカ政治経済。研究業績として"Etnografía de la industria automotriz japonesa en Lagos de Moreno, Estado de Jalisco" Inversión extranjera directa y empresas japonesas en México: implicaciones regionales, económicas y legales (Universidad de Guadalajara, 2018)、「メキシコにおける『国家警備隊』の創設—AMLO政権の治安政策と日系企業への含意」『ラテンアメリカレポート』36巻2号(2020年)、「2020年米国大統領選挙とメキシコAMLOの対外外交」『ラテンアメリカ時報』2020/21年冬号(2021年)などがある。

コメント

メキシコ経済省駐日代表
Adolfo Laborde Carranco(アドルフォ・ラボルデ゠カランコ) 氏

2016年メキシコ国立自治大学大学院政治社会研究科より博士号(政治社会学)取得。神戸大学大学院国際協力研究科での留学、アリゾナ大学でのポスドク研究員を経て、アナワク大学(メキシコ)経済ビジネス学部教員を務めた。現在、メキシコ経済省駐日代表。専門は国際関係、国際経済。論文に"Cultural Aspects of the Japanese Business Model Applied in Mexico" Latin American Policy, Vol. 6, Issue 2 (2015)、"Asia, la Cuarta Transformación y el cambio de poder global" Mundo Asia Pacífico, Vol. 9, Núm. 16 (共著・2020) などがある。

コーディネーター・通訳

神田外語大学外国語学部専任講師
磯田 沙織(いそだ さおり) 氏

筑波大学大学院人文社会科学研究科博士号(政治学)取得(2017年)。在パラグアイ大使館専門調査員(2011~2013年)、日本学術振興会特別研究員(DC2:2014~2016年)、筑波大学人文社会系助教(2017~2020年)を経て、現在神田外語大学外国語学部専任講師。2019年より本学ラテンアメリカ講座にてラテンアメリカ論(政治)を担当。専門は比較政治、南米諸国の政治。論文にペルーの弾劾裁判に関する一考察—クチンスキの事例を中心に—」『イベロアメリカ研究』第40巻第1号(2018年)、「パラグアイにおける大統領再選禁止規定—撤廃に向けた取り組みとその失敗—」『ラテンアメリカレポート』第34巻第2号(2018年)、"Un estudio comparativo de la participación ciudadana del Perú: entre normas y realidades" Iberoamericana, Vol. 41, No. 1 (2019) などがある。

司会

本学異文化コミュニケーション学部教授、ラテンアメリカ研究所所長
佐藤 邦彦

詳細情報

名称

公開講演会「AMLO政権下メキシコにおける政治経済情勢と自動車産業の現状」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 要
  • 参加費 無料

以下のwebサイトよりお申し込みください。

主催

ラテンアメリカ研究所

共催

アメリカ研究所

お問い合わせ

ラテンアメリカ研究所(担当:植木)