公開講演会「シジュウカラガン復活のものがたり-水鳥と共生する地域づくり-」

INFORMATION

  • 2019年12月12日(木)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 カンファレンス・ルーム

古来から日本人に親しまれていた雁のいる風景は、毛皮採取を目的とした繁殖地へのキツネの導入により見られなくなり、1940年代以降、シジュウカラガンの日本への渡来記録は途絶えてしまいました。登壇者は、雁の住める豊かな湿地の保全や復元を行うことによって、雁のいる昔ながらの地域の風景を取り戻すことを目指して、農業湿地の保全活動を行っています。本講演では、シジュウカラガンの復活と保全を通した日本の原風景の再生についてお話しいただきます。なお、この活動は公益信託サントリー世界愛鳥基金等による長年の支援を得て行われたものです。

登壇者

日本雁を保護する会会長
呉地 正行(くれち まさゆき) 氏

NPO法人ラムサール・ネットワーク日本元共同代表、NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ理事長、日本鳥学会鳥類保護委員、大潟村応援大使など。
神奈川県出身。東北大学理学部卒。日本へ渡来する雁とその生息地を保護・保全する活動に取り組む傍ら、ラムサール条約湿地の蕪栗沼などを舞台に市民参加型の自然再生運動や地域興しを実践している。特に最近の循環型農業や生物多様性水田の新たな展開として注目されている「ふゆみずたんぼ」の啓蒙普及に力を注ぎ、ラムサール条約、生物多様性条約での水田の生物多様性に注目した決議の採択や国連生物多様性の10年の実現を支援する活動も行い、田んぼの生物多様性向上10年プロジェクトにも関わり、田んぼの生物多様性の主流化をめざす。
著書に『雁よ渡れ』『いのち にぎわう ふゆみずたんぼ』など。

詳細情報

名称

公開講演会「シジュウカラガン復活のものがたり-水鳥と共生する地域づくり-」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 要

定員50名
件名「シジュウカラガン」と明記、氏名、フリガナ、電話番号を記入の上申し込むこと。

主催

ESD研究所、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」(研究代表者・阿部 治)、ESD地域創生研究センター

協力

公益信託サントリー世界愛鳥基金

備考

お問い合わせ

ESD研究所