公開シンポジウム「室町時代源氏絵研究の最前線」

INFORMATION

  • 2019年12月15日(日)13:30~18:00
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 カンファレンス・ルーム

1989年に個人蔵の「扇面画帖」、1993年にハーバード大学美術館の土佐光信筆「源氏物語画帖」が発見されて以来、毛利博物館の「源氏物語絵巻」など、室町時代の源氏絵の発見・紹介が相次ぎ、研究が活性化している。本シンポジウムでは、九州国立博物館にて「扇面画帖」の修理に当たった鷲頭桂氏、「扇面画帖」を紹介した片桐弥生氏、毛利博物館の「源氏物語絵巻」を紹介した龍澤彩氏、室町時代土佐派研究の第一人者である髙岸輝氏をお招きして、室町時代の源氏絵研究の成果をご発表いただくとともに、今後の展望を語っていただく。

研究発表兼パネラー

東京国立博物館学芸部調査研究課絵画・彫刻室主任研究員
鷲頭 桂(わしず かつら) 氏

日本絵画史。主要業績は、『新・桃山展—航海時代の日本美術』(共著、忘羊社、2017年)、「水車のある西洋風俗図屛風」(『國華』第1482号、2019年)、「大画面形式の源氏物語図屏風の成立について—「隠岐配流図屏風」(キンベル美術館)を手がかりに—」(『美術史』第166冊、2009年)など。

静岡文化芸術大学文化政策学部芸術文化学科教授
片桐 弥生(かたぎり やよい) 氏

日本絵画史。主要業績は、『石山寺の美—観音・紫式部・源氏物語—』(共編著、大本山石山寺・アートワン、2008年)、『石山寺と紫式部—源氏物語の世界—』(共編著、大本山石山寺、1991年)、「紫式部石山詣図」(宮内庁書陵部蔵)と『源氏物語竟宴記』」(『静岡文化芸術大学研究紀要』第14巻、2013年度)など。

金城学院大学文学部日本語日本文化学科教授
龍澤 彩(りゅうさわ あや) 氏

日本絵画史。主要業績は、『絵巻で読む源氏物語 毛利博物館所蔵「源氏物語絵巻」』(三弥井書店、2017年)、『すぐわかる源氏物語の絵画』(共著、東京美術、2009年)、「金城学院大学図書館所蔵「源氏物語図扇面」について」(『金城日本語日本文化』第94号、2018年)など。

東京大学大学院人文社会系研究科准教授
髙岸 輝(たかぎし あきら) 氏

日本絵画史。主要業績は、『天皇の美術史』第3巻(共著、吉川弘文館、2017年)、『室町絵巻の魔力—再生と創造の中世』(吉川弘文館、2008年)、『室町王権と絵画—初期土佐派研究』(京都大学学術出版会、2004年)など。

ディスカッサント

恵泉女学園大学人文学部日本語日本文化学科教授
稲本 万里子(いなもと まりこ) 氏

日本絵画史。主要業績は、『源氏絵の系譜—平安時代から現代まで』(森話社、2018年)、『すぐわかる源氏物語の絵画』(共著、東京美術、2009年)、「幻の「源氏物語絵巻」の制作背景再考」(『恵泉女学園大学紀要』第29号、2017年)など。

本学兼任講師、日本学研究所研究員
青木 慎一(あおき しんいち) 氏

中古文学。主要業績は、『源氏物語の表現と絵画的展開—夕霧を中心に』(武蔵野書院、2019年)、「「夕霧」巻の絵画化—小野の里と鹿の情景をめぐって—」(『王朝文学を彩る軌跡』、武蔵野書院、2014年)、「「源氏物語絵巻 桐壺」の絵画化—物語研究の観点から」(『武家の文物と源氏物語絵—尾張徳川家伝来品を起点として』、翰林書房、2012年)、など。

司会

本学文学部文学科日本文学専修教授、日本学研究所副所長
井野 葉子

詳細情報

名称

公開シンポジウム「室町時代源氏絵研究の最前線」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要

主催

日本学研究所、科学研究費補助金(基盤研究B)「オントロジーに基づく源氏絵データベースを共有・活用した源氏絵の総合研究」(研究代表者:稲本万里子)(17H02295)

共催

文学部文学科日本文学専修、文学研究科日文専攻、立教大学日本文学会

お問い合わせ

日本学研究所