公開シンポジウム「霊性(スピリチュアリティ)と現代社会」

INFORMATION

  • 2019年12月8日(日)14:00~17:00
  • 池袋キャンパス 8号館1階 8101教室

霊性(スピリチュアリティ)やスピリチュアルという言葉は、カルトなどの反社会的勢力との関連から、負のイメージと共に語られることが多々ある。しかし霊性の本来の意味は、万教同根であるはずの宗教がもつ共通要素、すなわち多くの宗教が説明している宇宙の成り立ち、超越的存在(神)との繋がり、生きる上での規範などの共通部分のエッセンスであり、同時に、宗教が持つ負の側面、すなわち他の宗教を否定したり、独自の観念体系や教義を強要したり、という拘束的な部分を取り除いたものを指す。従って霊性とは、人間が普遍的にもつ人間存在の意味や価値を問う行為や、人知を超えた大いなる存在を認識し、それに対し畏敬の念を抱くことなど、人間ならではの深遠な特質と捉えることが出来る。本シンポジウムでは、霊性の意味を色々な角度から再検討し、令和の時代を迎えた現代社会における霊性の意味、その重要性に関して議論を深めたい。

講師

池川クリニック院長
池川 明(いけがわ あきら) 氏

上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年神奈川県横浜市に池川クリニックを開設。「出生前・周産期心理学協会(APPPAH、The Association for Pre‐&Perinatal Psychology and Health)」の日本におけるアドバイザー。日本における胎内記憶研究の第一人者。医学博士。
著書:『魂の教科書---自分に目覚めてラクに生きたいあなたへ』(廣済堂出版)『子供はあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた』(文春文庫)ほか

一般財団法人育生会横浜病院院長
長堀 優(ながほり ゆたか) 氏

平成5年ドイツ・ハノーファー医科大学に留学(ドイツ学術交流協会奨学生)、その後横須賀共済病院外科医長、横浜市立みなと赤十字病院外科部長、財団法人船員保険会横浜船員保険病院副院長・外科部長などを経て、平成28年より現職。日本外科学会指導医、神奈川胃癌治療研究会世話人、信州大学医学部組織発生学講座・委嘱講師。
著書:『見えない世界の化学が医療を変える—がんの神様ありがとう』(でくのぼう出版)、『日本の目覚めは世界の夜明け—今蘇る縄文の心』(でくのぼう出版)ほか

桜美林大学非常勤講師、アフリカ協会特別研究員
萩原 孝一(はぎわら こういち) 氏

NLP(神経言語プログラミング)プラクティショナー。カリフォルニア州立大学院人文地理課程修了、ジョージタウン大学社会人口学修士課程院修了。1983年から2年間、ケニアの地方都市でJICA(国際協力機構)に中小企業育成の専門家として勤務。1985年より国際連合工業開発機構(UNIDO)に工業開発官。
著書:『スピリチュアル系国連職員、吼える!』(廣済堂出版)『スピリチュアル系元国連職員、再び吼える!』(廣済堂出版)ほか

詳細情報

名称

公開シンポジウム「霊性(スピリチュアリティ)と現代社会」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

ウエルネス研究所

お問い合わせ

ウエルネス研究所所員、コミュニティ福祉学部教授
濁川 孝志