映画『ローマ法王になる日まで』上映会

INFORMATION

  • 2019年11月22日(金)19:00~21:30
  • 池袋キャンパス 8号館2階 8201教室

2013年3月、史上初めて南半球/ラテンアメリカ出身のローマ教皇が誕生した。就任直後からキューバと米国の「歴史的和解」に一役買うなど、このフランシスコ教皇の動向に世界が注目するなか、本研究所はいち早く本人アルゼンチン時代の教え子を招き講演会を開いた経緯がある。この11月末、教皇就任後初めて来日されるのを機に今般の上映会を開催する。上映作品は、ブエノスアイレスでの青年時代から軍事独裁政権期の葛藤を経て、教皇に選出されるまでを描く。大学院キリスト教学研究科の後援を得て、開映前には去る6月ジュネーヴで直接教皇に会われた西原廉太教授よりエキュメニカルな見地から本企画の意義についてお話を頂く。

講師

本学大学院キリスト教学研究科教授
西原 廉太

詳細情報

名称

映画『ローマ法王になる日まで』上映会

内容

『ローマ法王になる日まで』
原題:Chiamatemi Francesco -Il Papa della gente
2015年/イタリア/スペイン語(日本語字幕)/113分/ダニエーレ・ルケッティ監督

対象者

本学学生、教職員、校友、一般(ラテンアメリカ講座受講生など)

申し込み

  • 事前申し込み 要

以下のフォームに必要事項を記入の上、申込。先着150名。

主催

ラテンアメリカ研究所

後援

キリスト教学研究科

備考

お問い合わせ

ラテンアメリカ研究所事務局