【定員に達したので申込みを終了しました】トークセッション「『ヴィンランド・サガ』からみたアイスランド」

INFORMATION

  • 2019年11月4日(月)14:00~16:00
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 カンファレンス・ルーム

本トークセッションでは、アイスランド出身のヴァイキングをテーマにしたNHK総合アニメ『ヴィンランド・サガ』を対象とし、原作及びアニメの背景となる9世紀から11世紀のヴァイキングの世界、ヴァイキングの記憶をとどめていると言われるサガなどを生み出した中世アイスランド社会、そして歴史を舞台とした漫画やアニメの現代的意義などについて、学問的観点から解説かつ討論する。『ヴィンランド・サガ』(幸村 誠 原作)は、原作者の綿密な調査に基づく背景描写、躍動的な場面構成とキャラクターの動き、重厚なストーリーで海外でも高い評価を得ており、作品そのものの魅力のみならず、歴史世界の受容という観点でも貴重な事例を提供している。セッションには原作者である幸村 誠 氏を迎えて作者の視点からお考えを伺いつつ、伊藤 盡 氏(中世アイスランド語)、松本 涼 氏(中世アイスランド史)、アニメの時代考証を担当する小澤 実 氏(ヴァイキング史)が解説を担当する。

講師

漫画家
幸村 誠(ゆきむら まこと) 氏

『プラネテス』にて2002年に星雲賞コミック部門を、『ヴィンランド・サガ』にて2009年に第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を、2012年に第35回講談社漫画賞一般部門を受賞。いずれもNHKにてアニメ化。

信州大学人文学部教授
伊藤 盡(いとう つくす) 氏

慶應義塾大学大学院文学研究科単位取得退学、現在は信州大学人文学部教授。
古英語・古アイスランド語を中心とする文献学・文学・文化論を専攻。主要業績に、監訳としてヘイウッド『ヴァイキング時代百科事典』(柊風舎、2017年)、分担執筆として『アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章』(明石書店、2016年)、『探求するファンタジー』(風間書房、2010年)など。

福井県立大学学術教養センター講師
松本 涼(まつもと さやか) 氏

京都大学大学院文学研究科単位取得退学、現在は福井県立大学学術教養センター講師。中世アイスランド史・文化論を専攻。主要業績に、分担執筆を担当した『北欧文化事典』(丸善、2017年)、『コミュニケーションから読む中近世ヨーロッパ史』(ミネルヴァ書房、2015年)など。

本学文学部史学科教授
小澤 実(おざわ みのる)

詳細情報

名称

【定員に達したので申込みを終了しました】トークセッション「『ヴィンランド・サガ』からみたアイスランド」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 要
  • 参加費 無料

【10/23追記】参加には事前申し込みが必要です。10月23日(水)17:00以降に下記リンクよりお申し込いただけます。会場の都合で参加者を制限することがあります。参加登録の通知メールを当日お見せください。
※定員に達しましたので申込みを終了しました 。

主催

文学部史学科

共催

アイスランド大使館

備考

合わせてアイスランド大使館のツイッターもご確認ください。

お問い合わせ

学部事務1課 史学科担当