韓日の葛藤を越えて〜第5回SETOフォーラム 国際セミナー〜

INFORMATION

  • 2019年10月25日(金)14:00~18:30
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 カンファレンス・ルーム

本国際セミナーは、日韓関係の発展に向けた専門家会合であるSETO(SEOUL-TOKYOの略語)が主催し、本学平和コミュニティ研究機構が共催者として協力するものである。SETOフォーラムは、2013年、日韓関係が悪化する中で速やかな日韓関係の回復や持続的な日韓友好関係の重要性を共感した政官界、財界のOBら多様な分野の関係者が集まって結成された。月例セミナー、国際会議の活動を通じて、日韓関係の発展に向けた集団知性の討論の場として役割を担ってきている。

基調講演

SETOフォーラム理事長、元駐日韓国大使
申 珏秀 氏

駐日本韓国大使館一等書記官、駐国連代表部参事官、駐イスラエル大使館特命全権大使、韓国外交通商部第一次官、駐日本大使館特命全権大使(2011年6月から2013年5月まで)

[第1セッション] 日韓経済協力の紐

司会

本学経済学部経済政策学科教授
田島 夏与

パネル

早稲田大学教授
深川 由起子 氏

日本学術会議会員。現代韓国・朝鮮学会元会長。東アジア経済、制度と経済発展が専門。日本貿易振興機構(ジェトロ)、長期信用銀行研究所(長銀総研)勤務、青山学院大学および東京大学。韓国産業研究院(KIET)にて研究、米国コロンビア大学日本経済研究センター、高麗大学の客員研究員。

SETOフォーラム運営委員
李 洙喆 氏

(株)GHホールディングス会長、日韓経済協会常任理事。三星物産(株)副社長、三星ジャパン(株)社長を歴任。2009年に旭日中綬章。

慶應義塾大学教授
柳町 功 氏

慶應義塾大学商学部卒、名古屋商科大学を経て1997年から慶應義塾大学総合政策学部教授。専門は現代韓国論、東アジア経営史・財閥史。
著書に『日韓関係史 1965-2015 Ⅱ経済』(共著、2015、東京大学出版会)

本学社会学部メディア社会学科教授
黄 盛彬

[第2セッション]  日韓外交安保:地政学的連帯

司会

慶應義塾大学名誉教授
小此木 政夫 氏

政治学者、九州大学特任教授、慶應義塾大学法学部名誉教授。現代韓国・朝鮮学会初代会長。専門は朝鮮半島政治、朝鮮半島をめぐる国際政治。
著書に『朝鮮分断の起源』2018、慶應義塾大学法学研究会)、『朝鮮戦争』(1986、中公新書)

パネル

ソウル大学教授
朴 喆熙 氏

政治学者。政策研究大学院大学准教授、韓国外務省外交安保研究院准教授を経て、ソウル大学国際大学院教授、同大日本研究所長。2005年その研究活動と日韓両国間の友好関係の向上に貢献した功績によって第1回中曽根康弘賞を受賞。現在『東京新聞』において月に1回の日曜コラム担当。

朝日新聞論説委員
箱田 哲也 氏

立命館大学文学部卒業後、朝日新聞社入社。那覇支局長、東京本社外報部、ソウル支局長、名古屋本社社会部、外報部次長(朝鮮半島担当)、ソウル支局長を歴任。

每日新聞外信部長
澤田 克己 氏

慶應義塾大学法学部卒業後、ソウル支局やジュネーブ支局で勤務した後、論説委員を経て2018年から外信部長。
著書に『新版北朝鮮入門』(共著、2017、東洋経済新報社)など。

本学名誉教授
五十嵐 暁郎

詳細情報

名称

韓日の葛藤を越えて〜第5回SETOフォーラム 国際セミナー〜

内容

《プログラム》
13:45〜14:00
登録

14:00〜14:30
開会の辞
兪 哲濬 氏(SETOフォーラム常任理事、事務総長)

歓迎の辞
郭 洋春(本学総長)

祝辞
南 官杓 氏(駐日韓国大使)

14:30〜15:00
基調講演

15:00〜15:15
休憩(Coffee break)

15:15〜16:45
[第1セッション] 日韓経済協力の紐

16:45〜18:15
[第2セッション] 日韓外交安保:地政学的連帯

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要

主催

SETOフォーラム(社団法人、韓国)

共催

平和・コミュニティ研究機構

後援

韓国・外交部、日本・外務省

お問い合わせ

社会学部メディア社会学科教授
黄 盛彬