2019年度 日本ケベック学会全国大会 ケベックの観光と文学

INFORMATION

  • 2019年10月6日(日)11:30〜16:45
  • 池袋キャンパス マキムホール(15号館)2階 M202教室

異文化コミュニケーション学部では、2019年度日本ケベック学会全国大会におけるプログラムを共催いたします。

講演「ケベックの遺産と観光」

ケベック大学モントリオール校経営学部、都市・観光研究学科教授、2019年度本学招聘研究員
マルタン・ドゥルアン 氏

専門分野は、ケベックの歴史および都市観光学。

対談「書くこと 旅すること」

ハイチ系ケベック作家、アカデミーフランセーズ会員
ダニー・ラフェリエール 氏

主著:『帰還の謎』(メディシス賞)、『吾輩は日本作家である』他。

対談者

早稲田大学名誉教授、日本ケベック学会会長
立花 英裕 氏

専門分野は、フランス語圏文学[ケベック・カリブ海を含む]。

司会・通訳

本学異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科教授
小倉 和子

シンポジウム「旅、歴史、ポエジー:場所と時間をつなぐもの」

明治大学教授、比較文学者、詩人
管 啓次郎 氏

主著:『コヨーテ読書—翻訳・放浪・批評』、『オムニフォン—“世界の響き“の詩学』他。

本学観光学部交流文化学科准教授
石橋 正孝
本学観光学部・全学共通科目フランス語兼任講師
羽生 敦子 氏

専門分野は、フランスロマン主義の紀行文学。

司会

愛知大学准教授、日本ケベック学会会員
関 未玲 氏

専門分野は、フランス文学およびケベック移民文学。

詳細情報

名称

2019年度 日本ケベック学会全国大会 ケベックの観光と文学

内容

①11:30~12:30 講演「ケベックの遺産と観光」
 使用言語:フランス語(通訳あり)
②14:00~15:00 対談 「書くこと 旅すること」
 使用言語:フランス語(通訳あり)
③15:15~16:45 シンポジウム「旅、歴史、ポエジー:場所と時間をつなぐもの」
 使用言語:日本語

対象者

本学学生、教職員、校友、一般(日本ケベック学会会員など)

申し込み

  • 事前申し込み 要
  • 参加費 無料

ご関心のある方は以下のフォームよりお申し込みください。

主催

日本ケベック学会

共催

異文化コミュニケーション学部

お問い合わせ

異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科教授 小倉 和子

E-mail:ogura■rikkyo.ac.jp
(■を@に置き換えてください)