公開講演会「レビューから見る宝塚歌劇」

INFORMATION

  • 2019年6月14日(金)17:30~19:00
  • 池袋キャンパス 11号館3階 A304教室

宝塚歌劇は2014年に100周年を迎えた。現在の形の源は1927年に「レヴュウ」という角書で上演された「モンパリ」で、以降、宝塚歌劇にとってショー(レビュー)は重要な演目であった。しかし、70年代の観客減少の危機を救った「ベルサイユのばら」が1つの転換点となり、現在ではショー(レビュー)の位置付けは以前と同じではない。1966年に宝塚歌劇に入団し、数々のショー(レビュー)作品を生み出した草野旦氏をお招きし、ご自身の作品を例に宝塚歌劇の近半世紀について語っていただく。

講師

宝塚歌劇団演出家
草野 旦(くさの あきら) 氏

昭和18年生 兵庫県出身
昭和41年4月 宝塚歌劇団入団
昭和46年 宝塚大劇場公演「ハレルヤ」で演出家としてデビュー
昭和52年 第3部ファンタジー〈夢人〉を担当した「ザ・レビュー」が文化庁芸術祭優秀賞を受賞
平成8年 宝塚歌劇団理事就任
平成19年 兵庫県文化賞受賞

新鮮かつ伝統を忘れない独自の世界観を紡ぎ、オリエンタルでエキゾチックなショーやラテン系ムードの作品、ストーリー性を持つショーなど数々のファンタジックで華やかなショー作品を発表している。
海外公演においても平成4年のニューヨーク公演での作・演出に続き、平成9年初演ヒット作「サザンクロス・レビュー」を平成14年度第2回中国ツアー公演「サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ」としてリニューアルして発表するなど、芸術を通じた海外親善にも貢献している。

詳細情報

名称

公開講演会「レビューから見る宝塚歌劇」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

主催

アジア地域研究所

共催

立教SFR共同プロジェクト研究「「東アジア文化圏」研究基盤の構築—娯楽市場における「大衆」「演劇」「大衆演劇」から—」

備考

お問い合わせ

アジア地域研究所