公開ワークショップ「International Workshop on Care and Migration in Asia:Transnational Care Chain in Reproductive Labor」

INFORMATION

  • 2019年6月8日(土)10:00~16:30
  • 池袋キャンパス 6号館4階 6405教室

本ワークショップは、台湾・日本間の「ケア、ジェンダーと移民」研究分野における研究交流を目的に、台湾の成功大学ジェンダー・女性学研究センターと、立教大学の平和・コミュニティ研究機構が共催で実施するものである。具体的には安里和晃氏を基調講演者として迎え、3セッション、9発表(予定)からなる国際ワークショップを実施する。

講師(基調講演者)

安里 和晃(あさと わこう) 氏

東・東南アジアのケアと移民に関する分野の第一人者として精力的に研究を展開している、京都大学文学研究科文化越境専攻特任准教授である。『国際移動と親密圏:ケア・結婚・セックス(変容する親密圏—公共圏)』京都大学学術出版会(2018年)など関連著書・論文を多数出版している。また、OECD,アジア開発銀行,厚生労働省主催の国際会議等で、国内・国外を問わず、当該分野の講演も多数行っている。さらにフィリピンのNGO,京都市内の小中学校などと連携したフィリピン系移民に対する支援も精力的に実施しており、その功績からフィリピン政府在外フィリピン人委員会に任命され、2014年にはフィリピン大統領から、大統領賞を贈られている。

詳細情報

名称

公開ワークショップ「International Workshop on Care and Migration in Asia:Transnational Care Chain in Reproductive Labor」

内容

Opening Speech:10:00-10:15(立教大学平和・コミュニティ研究機構・代表 石坂浩一)
Keynote Speech:10:15-11:45(京都大学・特任准教授・安里和晃「Welfare Regime and Migration in Asia」)
Panel Discussion (1)
Care and Migration in Taiwan:12:45-14:15
Presentation 1 陳麗君(成功大学台湾文学系准教授)
Presentation 2 陸偉明(成功大学教育研究所教授).馬慧英(成功大學職能治療系教授)
Presentation 3 蔡玫姿(成功大學中文系准教授)
Presentation 4 張玲慧(成功大學職能治療系・健康照護科學研究所准教授)
Panel Discussion (2)
Care and Migration in East and Southeast Asia:14:15-15:45
*発表者検討中
Open Discussion:13:45-16:15
Closing Remarks:16:15-16:30 成功大学ジェンダー研究所長 蔡玫姿

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

平和・コミュニティ研究機構

共催

成功大学 ジェンダー・女性学研究センター

お問い合わせ

社会学部現代文化学科教授 石井 香世子