2018年度立教たかたコミュニティ大学第4回「SDGsで世界、地域を考えよう」

INFORMATION

  • 2019年2月23日(土) 13:00~14:30
  • 陸前高田市コミュニティホール(シンガポールホール)

いま世界は、SDGsという新しいモノサシを手に入れました。2015年9月国連全加盟国によって採択された「持続可能な開発目標SDGs」の2030年達成を目指し、世界中の政府、自治体、企業、民間団体などが様々な活動を行っています。なぜSDGsは生まれ、そしてこの共通目標、共通のモノサシを私たちはどう使いこなせばよいのでしょうか。地球の、そして地域の持続性確保を目指して、SDGsを考えます。

講師

東京藝術大学理事、慶應義塾大学特任教授、キャスター
国谷 裕子 氏

米ブラウン大学卒業。NHK衛星「ワールドニュース」や「NHKスペシャル」等のキャスター。
93年から16年3月までNHK「クローズアップ現代」のキャスターを担当。現在、東京藝術大学理事、慶応義塾大学特任教授、自然エネルギー財団理事、FAO(国連食糧農業機関)親善大使を務める。16年からSDGsの啓発活動を行なっている。02年菊池寛賞、11年日本記者クラブ賞受賞。著書に「キャスターという仕事」(岩波新書)。

詳細情報

名称

2018年度立教たかたコミュニティ大学第4回「SDGsで世界、地域を考えよう」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般(陸前高田市民など)

申し込み

  • 事前申し込み 要
  • 参加費 無料

2月4日(月)から陸前高田グローバルキャンパスで整理券を配布

主催

立教大学陸前高田サテライト

共催

陸前高田グローバルキャンパス

後援

陸前高田市、陸前高田市教育委員会

備考

お問い合わせ

総長室社会連携教育課

イベントレポート