公開講演会「食科学と観光:Gastronomic Science and Tourism」

INFORMATION

  • 2017年12月5日(火)17:00~19:30
  • 池袋キャンパス 7号館1階 7101教室

食と観光の密接な関係は広く知られてきたところである。一方で、土地に根差す食材や食文化を見直し、食の多様性を堅持しようとする「スローフード」と呼ばれる運動がイタリアで発祥し、そうした考えが徐々に世界に伝播している。食材の産地と消費者、さらには料理人や研究者を結び付け、食の知恵と技術の交流を促す役割が観光に新たに期待されるようになってきている。
本講演会では、食科学(Gastronomic Science)と呼ばれる近年注目されるこの分野の内容を具体的に整理しながら、観光が食の新しい運動から何を学ぶべきなのか、一方で食の分野では観光と今後どのような関係を構築するのか、食というフィールドにおける産学連携の新たな枠組みを構想しながら、食科学と観光の今後の関係性について議論する。

講師

Genuine Education Network 代表
齋藤 由佳子 氏

英国の美術大学を卒業後、2000年株式会社リクルート入社。2010年リクルート退社後に渡欧。2014年イタリア・食科学大学(The University of Gastronomic Sciences)大学院を修了。Genuine Education Network を設立。2015年ミラノ万博にて日本館認定食文化講義を主催した。

辻調理師専門学校企画部長・産学連携教育推進室長
尾藤 環 氏

1990年辻製菓専門学校製菓衛生師本科卒。辻調グループ材料部(食材仕入部署)に入職。1994年辻調グループフランス校へ赴任。2000年辻調理師専門学校進路指導部に配属。校長秘書、辻調理師専門学校教務部を経て2008年より企画部に配属。現在、内閣府クールジャパン「官民連携プラットフォーム」に参加し、内閣府クールジャパン拠点連携実証調査「ガストロノミーマニフェストに基づく食と周辺産業の連携による、食分野における日本の国際的発信強化プロジェクト」を実施。鳥取県、鹿児島県長島町、三重県志摩市、山形県鶴岡市、鳥取県若桜町などの地域で産学連携教育に取り組んでいる。

経済産業省商務情報政策局サービス政策課課長補佐
阿部 尚行 氏

平成24年経済産業省入省。原子力政策を担当後、内閣府に出向。マクロ経済政策、働き方改革を担当し、平成28年6月より現職。サービス産業の生産性向上に関する業務を中心に担当。

詳細情報

名称

公開講演会「食科学と観光:Gastronomic Science and Tourism」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 要
  • 参加費 無料

※氏名、職業(所属)、連絡先メールアドレスを明記の上、visitor@ml.rikkyo.ac.jpまでお申し込みください。

主催

立教大学観光研究所

お問い合わせ

観光研究所所員
観光学部・ビジネスデザイン研究科教授
庄司 貴行

イベントレポート