国際シンポジウム
『近代日本』空間下の東アジア大衆演劇(1/7、1/8)

INFORMATION

  • 2017年1月7日(土)10:00~18:20(受付9:30)
  • 池袋キャンパス 11号館2階 A203教室

日本の近代は明治時代の幕開け前後に始まるとされる。東京を実験場に実体化した「近代日本」の文化コードは、江戸文化の延長上にある東京文化のものではなかったため、「近代日本」空間下に組み込まれた東京、日本各地も含む東アジアの芸能は、「近代日本」の文化コードに合わせて自らを再加工し、変容せねばならなかった。本シンポジウムは各地の芸能の「近代日本」の文化コードとの折り合いの付け方に注目し、各々がもつ柔軟さ・強靭性などの質の違いと形成したローカライズド文化の関係に注目する。
※本シンポジウムは、JSPS科研費JP26370115の助成を受けた科研研究成果報告の一部である。
※使用言語:日本語および中国語(通訳あり)

詳細情報

名称

国際シンポジウム
『近代日本』空間下の東アジア大衆演劇(1/7、1/8)

内容

《基調講演》
邱 坤良 氏(台北芸術大学教授)
「近代東アジア大衆演劇の視野と変動—台湾、日本、中国の舞台と映画を中心に」

《発表》
簡 秀珍 氏(台北芸術大学副教授)
「両地を相照して見る──初代松旭斎天勝一座の台湾及び大阪公演」
林 于竝 氏(台北芸術大学副教授)
「現代演劇における『大衆性』」
濱口 久仁子(本学兼任講師)
「日本の舞踊における性別超越の表現—井上流京舞を中心に」
吉田 弥生 氏(フェリス女学院大学教授)
「〈芸どころ名古屋〉における少女歌舞伎・少女歌劇」
中野 正昭(本学兼任講師)
「博多中洲地区の劇場と軽演劇興行」
徐 亜湘 氏(台北芸術大学教授)
「日本統治期における台湾京劇女優劇団研究─桃園永楽社系統劇団を例として─」
張 啓豊 氏(台北芸術大学副教授)
「男性/文人から女性/演者へ—廖瓊枝(りょうけいし)の『王魁桂英に背く』に見る性別・民俗的思考と運用—」

《通訳》
鈴木 直子(本学ランゲージセンター教育講師)
詹 慕如 氏(通訳家・翻訳家)

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

※申込不要、入場無料

主催

アジア地域研究所

共催

異文化コミュニ—ション学部、臺北藝術大學戲劇系・東亞大眾戲劇研究會、JSPS科研費

備考

【講師略歴】
邱 坤良 氏
台北芸術大学学長(1997-2006)、行政院文化建設委員会主任委員、国立中正文化中心取締役などを歴任。2013年度本学招聘研究員。台湾の大衆演劇研究・文学研究の先駆者であり、脚本家・演出家でもある。

簡 秀珍 氏
台湾の北管、南管、歌仔戯を研究。また、日本統治時代に川上音二郎によって伝えられた児童劇の台湾における受容・展開に関する研究も行っている。児童劇、布袋戯の脚本家でもある。

林 于竝 氏 
築地小劇場の研究をアジア地域研究所にて行っている。台新銀行文化芸術賞の主任審査委員を務める。

吉田 弥生 氏
歌舞伎研究。特に河竹黙阿弥研究、宝塚歌劇と歌舞伎の比較研究。

徐 亜湘 氏
『戲劇學刊』主編、中華戲劇學會常務理事、臺灣民族音樂學會理事、華岡藝校、周凱劇場基金會取締役、文化部分級獎助補助戲曲組審查委員、中央文化資產審議委員。台湾大衆演劇研究。

張 啓豊 氏
中国戯曲(伝統演劇)史、戯曲理論、台湾演劇研究。

お問い合わせ

アジア地域研究所

電話:<a href="tel:03-3985-2581">03-3985-2581</a>(月・火・木)
<a href="mailto:ajiken@rikkyo.ac.jp ">ajiken@rikkyo.ac.jp </a>

イベントレポート