ソーシャルデザイン・オープンゼミ「ソーシャルデザインの研究テーマを発見する〜素朴な疑問と違和感から〜」2016年5月19日(木)~2017年1月21日(土)、第15回 ※要事前申込

INFORMATION

  • 2017年1月21日(土)15:00~16:30(第15回)
  • 教室未定

21世紀社会デザイン研究科は、設立以来15年間にわたり主に社会人を対象として「ソーシャルデザイナー」の養成に取り組んできました。ソーシャルデザイナーとは、市民の知恵や専門的知見を統合して社会が直面するまたは社会に潜在する諸問題を解明するとともに、協働のネットワークを形成し社会の問題解決や新たな価値の創造に向けて社会に働きかける実践的市民を意味しています。社会のイノベーターとして、また、社会のプロデューサーとしての役割も期待されます。
参加者には、素朴な疑問や曖昧な違和感、当事者の目線から、ソーシャルデザインの研究テーマを発掘する醍醐味を体験していただきます。また、世代や性別、職業にかかわらず、現役・引退を問わず、ソーシャルデザイナーとして学び直し、市民の誰もが、社会を変革する可能性を秘めていることを感じていただきたいと思います。

講師

21世紀社会デザイン研究科教授
長坂 俊成

詳細情報

名称

ソーシャルデザイン・オープンゼミ「ソーシャルデザインの研究テーマを発見する〜素朴な疑問と違和感から〜」2016年5月19日(木)~2017年1月21日(土)、第15回 ※要事前申込

内容

第15回 テーマ「リスクガバナンスと社会デザイン」

対象者

ソーシャルデザインに関心があり、21世紀社会デザイン研究科に進学を希望する方。
※ソーシャルデザイン・オープンゼミは、高校卒業または短大卒業の社会人の方も参加できます。ただし、大学院を受験するためには、事前に受験資格審査に合格する必要があります。詳しくは独立研究事務室までお問い合わせください。

申し込み

※要事前申込(定員30名・先着順)
参加希望日の前日までに、参加希望日、氏名(ふりがな)、住所、年齢、職業、最終学歴、メールアドレス、緊急連絡先を明記の上、申込専用アドレスsd-opensemi@rikkyo.ac.jpまでお申込みください。

主催

21世紀社会デザイン研究科

備考

受講料 無料 備考 ※今後の開催予定など、詳細についてはこちら

イベントレポート