映画上映会「ガイアシンフォニー第3番」シンポジウム「星野道夫とガイアの未来」

INFORMATION

  • 2016年12月18日(日)13:00~17:00
  • 池袋キャンパス 8号館1階 8101教室

《映画上映「ガイアシンフォニー第3番より一部上映」とシンポジウム》
写真家の星野道夫氏が他界して、今年はちょうど20年の節目となる。星野道夫氏の写真やエッセイは今も根強い人気を保ち、彼の写真展には未だに多くの人が訪れる。一方、映画『ガイアシンフォニー』は、イギリスの生物物理学者ジェームズ・ラブロックの唱えるガイア理論をベースに、龍村仁監督によって制作されドキュメンタリー映画であり、環境問題や人間の精神性に深い関心を寄せる人たちのバイブル的存在となっている。今回は星野道夫氏をテーマにした映画『ガイアシンフォニー第3番』を一部上映し、遺された彼のメッセージから、龍村仁監督、星野直子夫人などと共にガイアの未来、この混迷する現代社会における人の生き方について考えてみたい。

講師

映画監督:「地球交響曲」ほか
龍村 仁 氏

京都大学文学部美学科卒業後、NHKに入局。報道局を経て教育局でフィルムドキュメンタリーの演出に従事。その後独立し、現在はフリーの演出家、映画監督。代表作に、「地球交響曲(ガイアシンフォニー)シリーズ」、「シルクロード幻視行」、「宇宙からの贈りもの~ボイジャー航海者たち」、「未来からの贈りもの~この星を旅する物語」などがある。

星野道夫事務所代表
星野 直子 氏

故星野道夫夫人。星野道夫の写真展を開催する傍ら、星野道夫関連の数々の講演会を行う。著書に「星野道夫と見た風景」(新潮社)がある。

詳細情報

名称

映画上映会「ガイアシンフォニー第3番」シンポジウム「星野道夫とガイアの未来」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

ウエルネス研究所

お問い合わせ

コミュニティ福祉学部 濁川孝志
nigo@rikkyo.ac.jp

イベントレポート