公開講演会「大規模ショッピングモールの形成と都市開発のあり方」

INFORMATION

  • 2016年11月16日(水)18:30~20:00
  • 池袋キャンパス 14号館4階 D402教室

1990年代以降、大規模なショッピングセンターが、郊外だけでなく大都市中心にも形成されました。日本経済が低迷した時代に、このような都市開発が進められた要因や意義について分析します。

講師

シンガポール国立大学人文社会科学部准教授
ヘンドリック・カール・マイヤーオーレ 氏

学歴:
1994 Dr phil. Philipps University Marburg(Dissertation on innovation and dynamics in Japanese retailing)
-1991/1992 Double degree in Business Administration(Diplom-Kaufmann)and Japanese Studies(Magister Artium)
 - Philipps University Marburg
-1986 to 1992 Undergraduate Studies in Business Administration and Japanese Studies -Philipps University Marburg
著書:
Japanese Workplaces in Transition - Employee Perceptions.(Palgrave Macmillan 2009) . Innovation and Dynamics in Japanese Retailing - From Techniques to Formats to Systems.(Palgrave Macmillan 2003).(Editor with Jochen Legewie)Corporate Strategies for Southeast Asia After the Crisis. A Comparison of Multinational Firms From Japan and Europe. Houndmills, Basingstoke: Palgrave 2000. Lebensversicherung und Konsument in Japan(Life Insurance and Consumer in Japan). Marburger Japan-Reihe Bd.10.Marburg 1993:Förderverein Marburger Japan-Reihe 他。

詳細情報

名称

公開講演会「大規模ショッピングモールの形成と都市開発のあり方」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

平和・コミュニティ研究機構

共催

グローバル都市研究所

お問い合わせ

平和・コミュニティ研究機構事務局 

TEL:03-3985-4275

イベントレポート