公開シンポジウム「インバウンド新時代—課題と展望」

INFORMATION

  • 2016年8月25日(木)15:00~18:00
  • 池袋キャンパス マキムホール(15号館)3階 M301教室

2015年の訪日外国人旅行者数は、過去最高の1974万人に達し、政府は、さらに、その目標値を2020年に4000万人、2030年に6000万人と拡大しました。
しかし、このインバウンド急増の裏で、中国人訪日観光ツアーの爆買いや無資格ガイド、営業許可を受けない民泊による近隣トラブル等の問題がクローズアップされてきています。
本セミナーでは、これらの問題の実態を見据え、我が国の観光のあるべき姿を探っていこうと思います。

《企画》

弁護士・本学法務研究科特任教授
川添 利賢
弁護士・本学兼任講師
畑 敬

《講演者》

本学観光学部教授
橋本 俊哉
弁護士・本学兼任講師
小池 修司
本学法学部特任准教授
薬師丸 正二郎
本学観光学部教授・観光研究所長
東 徹

《学生レポート》

観光学部東ゼミ

詳細情報

名称

公開シンポジウム「インバウンド新時代—課題と展望」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

観光ADRセンター

共催

法務研究科、観光研究所

お問い合わせ

観光ADRセンター

TEL:03-3985-4650
チラシはこちら

イベントレポート