第55回研究例会「第2回 海外の日本文化研究──その動向と可能性──」

INFORMATION

  • 2016年7月16日(土) 14:00~17:00
  • 池袋キャンパス 5号館1階 第1・2会議室

立教大学には多くの留学生が在籍し、スーパーグローバル大学(グローバル化牽引型)にも指定されており、研究の国際化や国際交流の中核を担う大学として期待されている。しかしながら、本学の留学生の研究内容やその問題意識は、学生や教員間において必ずしも十分に共有されているとはいいがたい。そこで本例会では、今後海外において日本文化研究を推進していくであろう留学生たちによる研究発表を行う。海外各国における日本文化研究の動向や関心についても発表者による報告を行い、世界における日本文化研究の今後の方向性や可能性について議論したい。

講師

INALCO フランス国立東洋言語文学大学院生
Oriane Guillemot 氏

「『落窪物語』における笑いの方法」
専門:日本中古文学。主要論文:「昔話から物語まで—『竹取物語』」(学士論文、2015年)

華東師範大学大学院生
逢 雲霞 氏

「近世俳諧における中国詩人の受容──松尾芭蕉と陶淵明を中心に──」

連体修飾語の漢訳について」(学士論文、2015年)

MANENT MARGAUX (本学文学研究科史学専攻博士課程前期課程2年次)
「イノベーションの国としての日本のイメージ」

《司会・コーディネーター》 本学文学部文学科教授・日本学研究所所員
鈴木 彰

詳細情報

名称

第55回研究例会「第2回 海外の日本文化研究──その動向と可能性──」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

日本学研究所

お問い合わせ

日本学研究所事務局 E-mail:nihongaku@rikkyo.ac.jp
★E-mail

イベントレポート