「ドキュメンタリー映画『The Man who Mends Women(女を修理する男)』上映会&講演会」

INFORMATION

  • 2016年6月3日(金)18:20~21:00
  • 池袋キャンパス 8号館1階 8101教室

本作品は、紛争絶えないコンゴ民主共和国(以下、コンゴ)で暗殺未遂にあいながらも、医療、心理的、そして司法的な手段を通して、婦人科医であるムクウェゲ氏が性暴力の生存者を献身的に治療する姿を映したドキュメンタリー映画である。ムクウェゲ氏は、コンゴの婦人科医かつ人権活動家であり、その活動によってこれまでに数回ノーベル平和賞候補にも挙がっている人物である。それに加えて、本作品には生存者の衝撃的な証言、加害者の不処罰の問題、希望に向かって活動する女性団体、そしてこの悲劇の背景にある「紛争鉱物」の実態も描かれている。
上映時間112 分。入場無料。上映会後に映画の解説を含めた講演を行う。

講師

三井物産戦略研究所中東アフリカ室主席研究員、元毎日新聞記者
白戸 圭一 氏

三井物産戦略研究所中東アフリカ室主席研究員、元毎日新聞記者。立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。毎日新聞社入社後、鹿児島支局、福岡総局、外信部、ヨハネスブルク特派員、政治部、外信部、ワシントン特派員を経て2014 年3 月に退社。同年4 月に三井物産戦略研究所入社。単著『ルポ資源大陸アフリカ 暴力が結ぶ貧困と繁栄』で第53 回日本ジャーナリスト会議賞受賞、第9 回新潮ドキュメント賞最終候補。『社会開発論』など共著多数。
チラシはこちら

本学21世紀社会デザイン研究科特任准教授
米川 正子

詳細情報

名称

「ドキュメンタリー映画『The Man who Mends Women(女を修理する男)』上映会&講演会」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

ジェンダーフォーラム

共催

グローバル教育センター

備考

チラシはこちら

お問い合わせ

ジェンダーフォーラム事務局

(TEL: 03-3985-2307)

イベントレポート