レクチャー&ワークショップ「死生観と道徳性の生涯発達における対話の効果についての研究」
※使用言語:日本語および韓国語

INFORMATION

  • 2016年3月17日(木)19:00~21:00
    2016年3月18日(金)14:00~17:00
    2016年3月19日(土)16:00~19:00
  • 17日:池袋キャンパス 本館2階 1203教室
    18日:高千穂大学 1号館2階 1206教室
    19日:池袋キャンパス 5号館4階 5401教室

講師

慶尚大学校/Gyeongsang National University 名誉教授
Jin Whan Park 氏

韓国を中心にアジアで哲学教育やこどもの哲学(philosophy for children)を実践してきた、東アジアにおける哲学プラクティス(こどもの哲学など)の第一人者。2009年-2011年International Council on the Philosophical Inquiry with Children (ICPIC)副会長。1994年−現在 General-Secretary,Korean Academy of Philosophy Teaching in Schools。

詳細情報

名称

レクチャー&ワークショップ「死生観と道徳性の生涯発達における対話の効果についての研究」
※使用言語:日本語および韓国語

内容

17日:実践報告&ワークショップ「専門家の判断力の形成について—医療現場における哲学対話」

18日:中高大学生向け「子どもの哲学(p4c)」ワークショップ

19日:レクチャー&ワークショップ「韓国・アジアにおける子どもの哲学」
 16:00~16:40 レクチャー:韓国・アジアにおけるp4cの実践報告
 16:40~18:00 ワークショップ:p4c(※定員:30名程度)
 18:00~19:00 対話の振り返り、質疑応答
 ※「ワークショップ:p4c」は参加者が多かった場合、体験いただけるのは30名程度(先着順)とさせていただきます。ほかの方は、ワークショップの様子を見学するかたちでご参加いただければ幸いです。

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

立教大学SFR共同研究プロジェクト(代表:河野哲也教授)

共催

立教大学文学部教育学科

お問い合わせ

文学部 河野哲也研究室

TEL:03-3985-3569
E-mail:philosophical.practice.japan@gmail.com
philosophical.practice.japan@gmail.com

イベントレポート