講演会「第66回 統計セミナー 日本人のワークライフバランスの実態を知る—社会生活基本調査から探る—」

INFORMATION

  • 2016年2月29日(月) 13:30~17:00
  • 池袋キャンパス 8号館 8201教室

講師

総務省 統計局 労働力人口統計室 企画官
土生 勉 氏

統計局労働力統計課(企画指導係長)、経済統計課事業所・企業統計室(企画係長)、
経済統計課(企画担当課長補佐)、経済基本構造統計課(企画担当課長補佐)を経て現在に至る。

早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
黒田 祥子 氏

早稲田大学教育・総合科学学術院教授、専門分野は労働経済学、応用ミクロ経済学。日本銀行金融研究所勤務、一橋大学経済研究所特任教授、東京大学社会科学研究所准教授、早稲田大学教育・総合科学学術院准教授を経て現在に至る。

東京大学 社会科学研究所 教授
玄田 有史 氏

東京大学社会科学研究所教授、専門分野は労働経済学。学習院大学経済学部教授を経て現在に至る。

詳細情報

名称

講演会「第66回 統計セミナー 日本人のワークライフバランスの実態を知る—社会生活基本調査から探る—」

内容

平成28年10月に9回目の社会生活基本調査が実施される。今回の調査の変更点やそのねらいを解説し、併せて、これまで実施されてきた社会生活基本調査の変遷を辿る。さらに、日本人のワークライフバランスの実態が、社会生活基本調査の結果からどのように浮かび上がるかなどについて、具体的な事例の分析をまじえて紹介する。

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※入場無料、要申し込み

主催

立教大学社会情報教育研究センター、一般財団法人日本統計協会

共催

日本統計学会、統計関連学会連合

後援

総務省統計局

お問い合わせ

社会情報教育研究センター

TEL:03-3985-4459

イベントレポート