公開講演会
「地域創生と行政の役割」
「豊島区民ひろば開設10周年」

INFORMATION

  • 2016年1月28日(木)13:15~14:45
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館 3階多目的ホール

政府が2015年6月に閣議決定した「まち・ひと・しごと創生基本方針2015」では柱の一つとして、高齢者が地方に移住する「日本版CCRC(Continuing Care Retirement Community)構想が盛り込まれた。そのような中、豊島区では、すでに先進的なまちおこし施策で着実に実効を上げるとともに、秩父市との間で2地域居住や高齢者移住の構想を打ち出している。
一方、2005年から地域コミュニティの拠点作りにも取り組み、小学校区ごとに22カ所の「区民ひろば」を開設し、世代を超えた交流、高齢者の健康、子育て支援、サークル活動、生涯学習支援に大きな実績を積み上げている。そのような区の構想や役割、取り組みなどについて詳しく語っていただく。

講師

豊島区長
高野 之夫 氏

1960年3月 立教大学経済学部経済学科卒業
1983年5月~1989年6月 豊島区議会議員
1989年7月~1999年3月 東京都都議会議員
1999年4月 豊島区長に就任

豊島区区民部地域区民ひろば課長
八巻 規子 氏

区立保育園、児童館に勤務後、
2008年4月に男女共同参画推進センター所長
2010年4月に文化商工部文化デザイン課長
2014年から現職 区民部地域区民ひろば課長

詳細情報

名称

公開講演会
「地域創生と行政の役割」
「豊島区民ひろば開設10周年」

内容

第1部 「地域創生と行政の役割」
講師:高野 之夫 氏(豊島区長)

第2部 「豊島区民ひろば開設10周年」
講師:八巻 規子 氏(豊島区区民部地域区民ひろば課長)

対象者

立教セカンドステージ大学受講生、本学学生、教職員、一般

主催

立教セカンドステージ大学

備考

受講料 入場無料、申込不要

お問い合わせ

立教セカンドステージ大学事務室

TEL:03-3985-4853

イベントレポート