立教大学法科大学院フランス法講演会
「フランス民法典における契約法の改革」

INFORMATION

  • 2016年1月18日(月)16:00~18:00
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール

2015年2月25日にフランスの司法省によって、民法典の債権法改正法案が示された。本講演は、同法案による現行民法の主な改正点を明らかにし、フランス契約法の将来像を提示するものである。

講師

パリ第2大学名誉教授、法務研究科客員研究員
LARROUMET, Christian(ラルメ、クリスティアン)氏

1962年 Le département légal, Université Bordeaux(ボルドー大学法学部卒業)
1968年 Ph.D. Université Bordeaux(法学博士、ボルドー大学(フランス))
1969年 Agréré des Facultés de droít(教授資格取得)
1969~1974年 Professor, Saint-Joseph University of Beirut, Lebanon(サン・ジョセフ大学教授)
1974~1983年 Professor, l'université Paris Descartes(パリ第5大学教授)
1983~2010年 Professor, Université Panthéon Assas(パリ第2大学教授)

詳細情報

名称

立教大学法科大学院フランス法講演会
「フランス民法典における契約法の改革」

対象者

本学学生、教職員、一般

主催

立教大学法科大学院フランス法

お問い合わせ

野澤正充(本学法務研究科教授)

TEL:03-3985-2557
nozawa@rikkyo.ac.jp

イベントレポート